醜い女である

13 の用例 (0.00 秒)
  • 出てきたのは、四十五、六の、男のように体のがっちりしたみにくい女である。 横溝正史『青い外套を着た女』より引用
  • 薄給の家庭教師ででもあろうかと思われる、せた、醜い女である。 森鴎外『青年』より引用
  • 余り騒がれもしなかったし、新聞にも出なかった様だが、醜い女であったからかも知れない。 織田作之助『ひとりすまう』より引用
  • 服の上に粗い格子縞の大きい四角な肩掛をした純露西亜ロシア風の醜い女である。 与謝野寛『巴里より』より引用
  • 服の上に粗い格子縞の大きい四角な肩掛をした純露西亞風の醜い女である。 与謝野晶子『巴里まで』より引用
  • 彼女は額の大きい、鼻の丸い、ちぢれ毛の、鉄色した醜い女であった。 田山花袋『ネギ一束』より引用
  • この自称裁判官たちの中でもいちばん冷酷であるばかりか、いちばん醜い女である。 ホーソン/刈田元司訳『スカーレット・レター(緋文字)』より引用
  • 奉公に都へ出る、醜い女であったかも知れない。 森鴎外『青年』より引用
  • 色こそ可なりに白けれ、頬骨の太い眉の太い鼻の小さな唇の厚い、夥しく醜い女である。 若山牧水『古い村』より引用
  • 若者はそれを承知で結婚したいと言ったため、法官を呼び結婚が行われたが、娘は店に来た乙女とは別人で、イスラムの長老が話した通りの醜い女であった。
  • それは形容するのが惨憺さんたんなくらいに醜い女であった。 葉山嘉樹『海に生くる人々』より引用
  • 背の低い、小肥りの、髪をひっつめにした、醜い女であった。 開高健『珠玉』より引用
  • 自分だったら、すくなくとも、主任から行けと言われた時にぴんと来て、どんな学校を出た男か、教養があるかないか、ネクタイのこのみがどうかまで、一眼でちゃんと見届けてやるんだと、二十五歳の元子は、分厚い唇をとがらし、元子は実科女学校へ二年まで行ったのが自慢の、どちらかといえば醜い女であった。 織田作之助『わが町』より引用