醜い女

140 の例文 (0.00 秒)
  • 近附いた時に見ると、眼鏡をかけた・鼻の無闇に大きな・醜い女だつた。 ...
  • ただしみにくい女は粧飾して渡っても、神がねたまないと見えて無事であった。 ...
  • 特に美しいところもないし、そうかといって、醜い女でもなかった。 ...
  • それにお前は一番醜い女で、悪い便ばかりを好んで 持って来おる。 ...
  • そもそも彼は世の中で醜い女というものが一番きらいであった。
  • 醜い女、力のない男、これはまったく無意味な誕生なのではございますまいか。 ...
  • しかしその女はきっとみにくい女だろうと思っていた。 ...
  • 知性ある醜い女から、頭のにぶい美しい女まで、きちんと変化していくわ。 ...
  • 余り騒がれもしなかったし、新聞にも出なかった様だが、醜い女であったからかも知れない。 ...
  • 「私でございます」 こたえたのはその後ろからそっと顔を出している三十五六のみにくい女でした。 ...
  • 喬はその醜い女とこの女とを思い比べながら、耳は女のおしゃべりに任せていた。 ...
  • 小柄の、醜い女で、猿に貴婦人の着物を着せたといったかっこうだった。 ...
  • 醜い女たちもまた、 熱愛せられて大きな誉れをうけているのを。
  • が、ガラッ八にとっては、この醜い女お半は、妙に忘られない人間の一人でした。 ...
  • 女房のユシュルーかみさんというのがまた、ひげのある醜い女だった。 ...
  • そばにかくばった、みにくい女が歩いていて、ときどきその男をつついた。 ...
  • 縮れ毛の醜い女ではなくて三十前後の小柄な男であった。 ...
  • 次へ