醜い傷痕

11 の用例 (0.00 秒)
  • 右の眼窩は醜い傷痕に潰され、まだ新しい血の筋が涙のように頬で乾いている。 九里史生『SAO Web 0407 第八章02』より引用
  • 左脚の傷は、少なくも二十年は経過したものと推定され、深く醜い傷痕であるところから、専門の治療は受けていない。 クイーン/田村隆一訳『Xの悲劇』より引用
  • 頭巾ずきんかげになるように少し頭の向きを変えたが、遠い側のほお全体を横ぎるみにく傷痕きずあとを隠すのには間に合わなかった。 クーパー『(闇の戦い4)樹上の銀(完)』より引用
  • この事故で、母は左足を失い、恵の顔には醜い傷痕が残った。
  • 右のこめかみから頭部にかけて、醜い傷痕が這い上がっている。 江戸川乱歩『江戸川乱歩全短編03 怪奇幻想』より引用
  • 見れば、簡素なチュニックは大きく切り裂かれ、右胸から左腹部にかけての肌に無数の棘が作った醜い傷痕が一直線に走っている。 九里史生『SAO Web 0404 第七章01』より引用
  • 顔面に醜い傷痕を残したグレイスの水死体が浮かび、チェスターは殺人容疑で逮捕された。 小鷹信光『アメリカン・ヒーロー伝説』より引用
  • 醜い傷痕にゆがんだものすごい面構つらがまえの大男が、きゃしゃな身体つきの女とむかいあっていた。 バローズ/佐藤高子訳『戦乱のペルシダー』より引用
  • 男は、顔面を縦に横切る醜い傷痕きずあとゆがめてそう毒づいた。 川又千秋『時間帝国』より引用
  • 醜い傷痕が現われた。 ジェイムズ・ブリッシュ『04 暗闇の悪魔』より引用
  • まだなまなましく醜い傷痕だった。 藤沢周平『日暮れ竹河岸』より引用