酸性土壌

51 の用例 (0.00 秒)
  • 酸性土壌であることに加え寒さが厳しいため、耐寒性の作物が栽培される。
  • 日本では明治時代に導入されたが、酸性土壌の多い日本での生産は定着しなかった。
  • 日本は酸性土壌のため人骨や獣骨が残りにくいが、日本でも同様の道具を用いて刺突漁を行なっていた可能性がある。
  • また弱酸性土壌や崖の割れ目など、様々な土壌状態に適応している。
  • 土は選ばないが酸性土壌では育ちが悪く、弱アルカリ性の土壌を好む。
  • その上、北上川以西の此の辺一帯は強い酸性土壌であり、知れ渡つた痩地である。 高村光太郎『開墾』より引用
  • 栽培においては酸性土壌で水はけが良い土質を好み、農薬を一切使わずに栽培することも可能である。
  • また、酸性土壌によく見られるツツジ科植物なども生育し、アカマツ林ではかつてはマツタケも多く見られていたという。
  • 日本列島の、特に山地や台地のように酸性土壌が卓越するような環境にあっては、骨のカルシウム分は何千年もの間にすっかり溶け出して痕跡がまったく残らないケースがむしろ一般的なのである。
  • 酸性土壌を嫌うので、火山灰地では石灰で中和しておくと良い。
  • 強い酸性土壌を好むため、培養土は一般に、鹿沼土と山ごけをほぼ等量ずつ混ぜたものを用いる。
  • 日本列島は、酸性土壌であるため骨などの有機物が残り難い。
  • 詩人であるばかりでなく農業化学や地質学等の科学者でもあり、酸性土壌改良の炭酸カルシュームを掘り出したり、世の中にひろめたりしました。 高村光太郎『啄木と賢治』より引用
  • チャは他の多くの植物と違って、酸性土壌を好む植物であり、土壌の酸性化が進んでいる場合でも、その耐性が比較的強い。
  • また、原産地が土壌にカルシウムなどが多い乾燥地帯であることから想像できるように、酸性土壌にも弱い。
  • 他の多くのツツジ科の植物と同様、酸性土壌を好む。
  • 群馬県の岩宿遺跡からは、関東ローム層から旧石器時代の物とされるナイフ形石器が発見されているが、関東ローム層の酸性土壌のために、人骨などは見つかっていない。
  • 工業的に多彩な用途が見出される一方、酸性土壌中のアルミニウム含量は、植物の成長に影響する重要な要素である。
  • 対象地域は7州の34万ヘクタールにおよび、酸性土壌の中和による改良、灌漑の整備、国際協力事業団を通じて115人の農業専門家の派遣が実施された。
  • このために日当たりと酸性土壌を好むブルーベリーが下層植生としてたくさん生えていることがある。
  • 次へ »

酸性土壌 の使われ方