酔ってはいなかった

17 の例文 (0.00 秒)
  • 実際に死の直前に参加していたパーティーでもムーンは酔ってはいなかった。 ...
  • 私はまだ一軒目を出たばかりで、それ程酔ってはいなかった。 ...
  • けれどもこの数時間、僕は少なくとも酔ってはいなかった。 ...
  • にもかかわらず私は酔ってはいなかった。 ...
  • 完全に分別がなくなるほど酔ってはいなかったようだ。 ...
  • 茜色あかねいろに染まった空を見上げる目は、もう酔ってはいなかった。 ...
  • 美千隆はそれほど酔ってはいなかった。 ...
  • 彼は酔ってはいなかった。 ...
  • 彼はもう酔ってはいなかったが、ひどく不機嫌だった、彼は欺されて乗船したので、ダオメーへ行くなんて聞いてなかった、等々と主張していたからだ。 ...
  • 朱実の言うとおり、看七は酔ってはいなかった。 ...
  • 「旦那、こんなクリスマスの夜に、何をするつもりなのかね」 爺さんの目はもう酔ってはいなかった。 ...
  • スヴィドリガイロフは、しかし、それほど酔ってはいなかった。 ...
  • ちょっと頭痛はするが、ぜんぜん酔ってはいなかった。 ...
  • 芹沢と平山は泥酔していたが、平間は平素からあまり酒を飲まず、さほど酔ってはいなかった。 ...
  • 「近いうちに戦さが起きて、そなたが鎌倉に攻め込んで来るようなことになったら、真先にこの爺の首を狙えよ」 まだ酔ってはいなかった。 ...
  • 遠藤は酔ってはいなかった。 ...