酒さ様皮膚炎

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • ステロイド使用後の酒さ様皮膚炎はこの型への前駆症状となりうる。 ...
  • 長期間にわたり顔に使用することで酒さ様皮膚炎となることがあり、急激に中止すると悪化することがある。 ...
  • 顔への長期的な使用ではステロイド誘発性酒さ様皮膚炎になることがあり、使用を中止すると炎症がさらに反跳するため使用を継続してしまう。 ...
  • 顔や陰部など酒さ様皮膚炎を起こすことがきっかけとなるが、ほかの部位ではステロイド依存の進行が分かりにくい可能性がある。 ...
  • 酒さ様皮膚炎は主に顔への長期間の使用で生じる副作用であり、急に塗布を中止すると悪化することがあるため、速やかに皮膚科に紹介すべきとされている。 ...
  • 顔面への長期間のステロイド外用薬や、タクロリムスの使用によって酒さ様皮膚炎が生じることがある。 ...
  • ステロイド外用薬を長期間使用して酒さ様皮膚炎を呈した場合、完治のために中止すると、ほぼ例外なく反跳して紅斑が増悪し、強い場合もあるためそのような現象が避けられないことを、医師は説明する必要がある。 ...
  • 文献によってステロイド皮膚炎などと呼ばれ酒さ様皮膚炎やその他症状を含めたり、医薬品添付文書ではステロイド皮膚と記載され酒さ様皮膚炎を含めず皮膚萎縮、毛細血管拡張とされる。 ...
  • 酒さ様皮膚炎は、日本で酒皶に適した医薬品の保険適応がないため、代わりに脂漏性皮膚炎や接触性皮膚炎として診断してステロイド外用薬やタクロリムスを処方し連用している最中にこれらの薬が原因となって生じることがある。 ...
  • 酒さ様皮膚炎とは、紅斑、丘疹と膿疱、毛細血管拡張のうち1つ以上の症状から診断される酒皶のような皮膚病変をきたしたもの。 ...
  • 酒さ様皮膚炎は、酒さに適した医薬品の保険適応がないため脂漏性皮膚炎や接触性皮膚炎として診断してステロイド外用薬やタクロリムスを処方し連用している最中に生じることがある。 ...
  • 鳥取大学医学部では、ステロイド酒さ、口囲皮膚炎がステロイドの長期間の外用によって生じる「ステロイド皮膚炎」の主な症状とし、酒さ様皮膚炎には潮紅、毛細血管拡張、皮膚萎縮、紅色小丘疹等が生じるとした。 ...
  • その他にも皮膚真菌症、皮膚細菌感染症、稀に皮膚ウイルス感染症が発現するほか、長期連用で痤瘡様発疹、ステロイド皮膚、色素脱失、酒さ様皮膚炎・口囲皮膚炎、多毛、魚鱗癬様皮膚変化、一過性刺激感、乾燥が発現することがある。 ...
  • 日本では外用薬が販売されており、適応症は、急性湿疹、接触皮膚炎、アトピー性皮膚炎、慢性湿疹、皮脂欠乏性湿疹、酒さ様皮膚炎・口囲皮膚炎、帯状疱疹。 ...
  • 湿疹・接触皮膚炎、尋常性痤瘡、帯状疱疹、アトピー性皮膚炎、酒さ様皮膚炎の効能がある。 ...