都道府県公安

90 の用例 (0.01 秒)
  • また、国内での所持については、都道府県公安委員会の許可が必要である。
  • 日本においては都道府県公安委員会が設置するものと、道路管理者が設置するものがある。
  • 原則的には、道路交通法4条1項に基づき都道府県公安委員会が設置する。
  • 都道府県公安委員会から機械警備業務管理者資格者証の交付を受ければよい。
  • 都道府県公安委員会は都道府県警察の運営を管理する権限を有する。
  • 都道府県公安委員会から警備員指導教育責任者資格者証の交付を受ければよい。
  • 配置基準場所に関しては、国家公安委員会規則及び各都道府県公安委員会規則により定められている。
  • 警察署の組織については、一般に都道府県条例や都道府県公安委員会規則等で規定されている。
  • さらには、護身用具の携帯自体も都道府県公安委員会規則により警備業務の種類や時間帯などによっては禁止や制限がされている場合がある。
  • 盗品の売買または交換を捜査・検査するために、営業所を管轄する都道府県公安委員会の許可が必要になる。
  • 許可・監督は財務局長や都道府県知事ではなく、各都道府県公安委員会が行う。
  • 地方自治体の警察機関として、各都道府県公安委員会の管理の下に都道府県警察が設置されるのが日本の警察組織の基本構造である。
  • 指定自動車教習所指導員とは、各都道府県公安委員会の指定を受けた自動車教習所の指導員を認定する国家資格である。
  • 道路又は交通の状況により、都道府県公安委員会が道路における危険を防止するため必要と認める路線である。
  • 都道府県公安委員会が設置した信号機は、法的拘束力を持つ。
  • 都道府県国家地方警察は、都道府県公安委員会の運営管理を受け、また国の警察管区本部の行政管理を受けた。
  • この他深夜0時以降にアルコール類を提供する飲食店についても都道府県公安委員会への届出が必要となる。
  • 道路交通法第4条に基づき都道府県公安委員会が道路標識等を設置して行う場合と、道路法に基づき道路管理者が道路標識等を設置して行う場合がある。
  • 性風俗関連特殊営業に関しては、都道府県公安委員会は同営業を営もうとする者からの届出の提出先となるほか、一定の条件を満たす場合に営業停止を命じたりすることができる。
  • 自治体警察を設置しない小規模な町村を対象に、都道府県公安委員会が地区警察署等を運営管理し、国および都道府県が維持した。
  • 次へ »

都道府県公安 の使われ方