都市の外周

9 の用例 (0.00 秒)
  • 学園都市の外周で夜間は交通も少ないこの道には、現在車の影は全くない。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第08巻』より引用
  • 都市の外周に沿って足が生え、まるで蜘蛛のように移動している。 雨木シュウスケ『レジェンド・オブ・レギオス 第03巻 レギオス顕現』より引用
  • 城壁や城部の外の広い土地や、市や城壁の一定の境界から拡大して開発された場所で、都市の外周部に位置する住宅街を指すことが多い。
  • 例えば、大型救命艇サーモンレッドは学芸都市の外周に一二隻停泊している。 鎌池和馬『とある科学の超電磁砲』より引用
  • という轟音ごうおんと共に、立て続けに風斬の羽から放電に似た攻撃こうげきが学園都市の外周部へ放たれる。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第13巻』より引用
  • 都市の外周部にあった一際高い建物が土砂をかき出す。 雨木シュウスケ『レジェンド・オブ・レギオス 第03巻 レギオス顕現』より引用
  • 現在、学芸都市の外周一二ヶ所に配置された大型救命艇サーモンレッドには、この街にいたほぼ全ての観光客や従業員達が乗り入れている最中だ。 鎌池和馬『とある科学の超電磁砲』より引用
  • 都市の外周に作られる「城」と「隍」に対する信仰に始まる。
  • 複数のブロックで構成され、全体で直径一〇キロ前後もの広さを誇る学芸都市の外周をぐるりと回るだけでも息切れするし、各ドックにどれほどの『係員』が待機しているか分かったものではない。 鎌池和馬『とある科学の超電磁砲』より引用