郷社に列格した

17 の例文 (0.00 秒)
  • 近代社格制度のもとで神社名を脇子八幡宮として明治4年に郷社に列格した。 ...
  • 明治5年、走谷村の産土神であった加茂健豆美命神社を合祀して郷社に列格した。 ...
  • 高松藩藩主・松平頼重はこの菅神を厚く信仰し、社殿・社地を大きく広げ、1916年には郷社に列格した。 ...
  • 明治時代に入って法貴寺村の天神と称する当社を式内池坐朝霧黄幡比売神社と見做すようになり、明治15年には郷社に列格した。
  • 明治初年、式内・意悲神社に比定され御城八幡から意悲神社に改称し、明治4年7月に郷社に列格した。 ...
  • 明治初年には郷社に列格した。 ...
  • 岩崎弥太郎は社殿の造替を行い、郷社に列格した。 ...
  • 明治6年に村社、明治16年には郷社に列格した。 ...
  • 明治元年、土浦町の鎮守となり、明治6年、郷社に列格した。 ...
  • 明治5年に郷社に列格した。 ...
  • 明治6年、社名を「九頭宮」から「上沢神社」へ改め、更に翌7年、現社名「戸隠神社」に改称、昭和15年に郷社に列格した。 ...
  • 明治9年に村社、明治15年に郷社に列格した。 ...
  • 明治6年10月に郷社に列格した。 ...
  • 明治6年郷社に列格した。 ...
  • 昭和6年2月郷社に列格した。 ...
  • 明治6年、郷社に列格した。 ...