郷愁を誘う

29 の用例 (0.00 秒)
  • 郷愁を誘う童謡のメロディーと現代的なアレンジが融合された楽曲である。
  • なんと郷愁を誘う過去の匂いの記憶であることか。 森瑤子『ジンは心を酔わせるの』より引用
  • そのかすかな臭いは、悪臭ではあったが、同時に郷愁を誘うようなところがあった。 森瑤子『望郷』より引用
  • また書かれた当時は、日本国外にいる日本人が故国の郷愁を誘う作品として愛されていたという。
  • 他の著名人の店舗と違い、郷愁を誘うこともなくモダンなホンキー・トンクとなっている。
  • 江戸っ子料理と独逸の家庭料理が、私の郷愁を誘う、ふるさとの料理なのである。 森茉莉/早川暢子編『貧乏サヴァラン』より引用
  • けど、無邪気むじゃきで純粋な雰囲気ふんいきはよく出ていて、モノクロ画面にも郷愁きょうしゅうを誘われ、気がつくと泣きながら見ていた。 野村美月『文学少女シリーズ16 半熟作家と“文学少女”な編集者』より引用
  • コビーナはその郷愁を誘う中心街に小さな町の雰囲気を強調し、大型の郊外小売店よりも家族経営の商店を強調することで小さな成功を収めた。
  • ハリウッドという言葉には、どこか郷愁を誘うものがある。 森瑤子『アイランド』より引用
  • どこか平安へいあん時代を思わせる、ものがなしくも優しい、郷愁きょうしゅうさそう曲だ。 伏見つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第03巻』より引用
  • 設備の何もかもが古くそして温かく、どことなく日本人の郷愁きょうしゅうさそう。 喬林知『今日からマ王 第12巻 外伝 「息子はマのつく自由業!?」』より引用
  • そこらじゅうに犬のふんが落ちていて悪臭ぷんぷんだったが、なんというかパリにいると、それすらも郷愁を誘うのだ。 森瑤子『ドラマティック・ノート』より引用
  • 高校三年生の僕としては、公園というその場所は、本来もっと郷愁を誘われるべき座標なのかもしれなかったが、むしろそれとはまるっきり逆の感情を、僕は、胸に抱かないでもなかった。 西尾維新『化物語(上)』より引用
  • 比較にならぬほど上等であるために却って正月の雑煮の気分が出なくて、淡い郷愁を誘われるのであった。 寺田寅彦『新年雑俎』より引用
  • 外観は往年のXL125に酷似しており、年配のライダーの郷愁を誘う。
  • 宮脇が郷愁を誘う紀行文とともに鉄道旅行を広めたのに対して、種村は鉄道旅行の手法を提案することで鉄道旅行の魅力を広める役割を果たした。
  • 歌詞は、故郷を恋しむ思いに満ちた歌詞が当時、集団就職で都会に出ていた若者の郷愁を誘うものであった。
  • ホームズとルパン、この二つの名前は古き良き時代のヨーロッパへの郷愁を誘う。 ルブラン/野内良三訳『ルパン対ホームズ』より引用
  • なにしろ電子カメラ全盛の昨今に、ほとんど戦前のままの全金属製カメラなのだから、古いコンタックスファンの郷愁を誘う存在であったのだ。 田中芳樹『アップフェルラント物語』より引用
  • 宿のあちこちは郷愁を誘うような造作だったが、さすがに広縁にはアルミサッシが入っていて、網戸が付いている。 小野不由美『黒祠の島』より引用
  • 次へ »