郡大野

90 の用例 (0.00 秒)
  • 北野畑駅は、岐阜県揖斐郡大野町にあった名古屋鉄道谷汲線の駅である。
  • 中之元駅は、岐阜県揖斐郡大野町にあった名古屋鉄道揖斐線の駅である。
  • 豊木駅は、岐阜県揖斐郡大野町にあった名古屋鉄道谷汲線の駅である。
  • 八王子坂駅は、岐阜県揖斐郡大野町にあった名古屋鉄道谷汲線の駅である。
  • 更地駅は、岐阜県揖斐郡大野町にあった名古屋鉄道谷汲線の駅である。
  • 稲富駅は、岐阜県揖斐郡大野町にあった名古屋鉄道谷汲線の駅である。
  • 続いて6月に揖斐郡大野村-安八郡神戸町間の鉄道敷設も申請した。
  • 麻生駅は、岐阜県揖斐郡大野町にあった名古屋鉄道揖斐線の駅である。
  • 残る三輪村は、同社ではなく八名郡大野町の大野電気が1921年に供給範囲に加えた。
  • 黒野西口駅は、岐阜県揖斐郡大野町にあった名古屋鉄道谷汲線の駅である。
  • 黒野北口駅は、岐阜県揖斐郡大野町にあった名古屋鉄道谷汲線の駅である。
  • 屋号の大野屋は創業者が知多郡大野村出身であることに由来する。
  • これは、豊橋市と誘致を争った八名郡大野町に配慮して八名郡内に設置されたと考慮される。
  • 上磯郡上磯町と亀田郡大野町が2006年2月1日に新設合併して誕生した。
  • 高座郡大野村の発足により、旧上鶴間村は同村の大字上鶴間となった。
  • 一説では下毛野尼古太の子で、下野国那須郡大野邑に居住した若古を祖とする。
  • 神奈川県高座郡大野村上鶴間に、農業・岩本次左衛門の長男として生まれる。
  • 来振寺は、岐阜県揖斐郡大野町にある真言宗智山派の寺院である。
  • なお、ダム建設当時の所在自治体は北桑田郡大野村であり、その後昭和の大合併を経て北桑田郡美山町となったが平成の大合併で周辺自治体と合併し、現在は南丹市となっている。
  • 当駅は淵野辺が所属する当時の高座郡大野村北部だけでなく、府県境を越えた東京府の南多摩郡忠生村への玄関口の機能も持った。
  • 次へ »