邸の夜会

8 の用例 (0.00 秒)
  • リストのために演奏をしたところ、リスト邸の夜会に招待されたのであった。
  • ドイツで禁止された外国映画を、とくにゲッベルス邸の夜会で観覧に供することもあった。 澁澤龍彦『世界悪女物語』より引用
  • 矢代は今夜の侯爵邸の夜会の意味には、さまざまな好意が含まれていたのだと初めて悟るのだった。 横光利一『旅愁』より引用
  • これが、到着後早々に県知事邸の夜会に招かれることになったこの人物について、市の人々が知りえたすべてであった。 ゴーゴリ/工藤精一郎訳『死せる魂』より引用
  • 手紙の内容は別に取り立てたことではなく、侯爵邸の夜会で矢代と別れた後の模様が書いてある後で、今日は母が何んとなく自分に優しくしてくれるので嬉しくて、この手紙を書く気になったとだけあった。 横光利一『旅愁』より引用
  • その上、モスクワから来たある男が、といってこの上なく善良な若者でしたが、この男が県知事邸の夜会でふと私のことを、気の抜けた、頭の空っぽな人間だと批評したという噂が私の耳に入りました。 ツルゲーネフ/佐々木彰訳『猟人日記(下)』より引用
  • トヴェルスコイ公爵夫人邸の夜会のあとで、あのような話をして以来、彼はもう二度とアンナに自分の疑いや、嫉妬しっとについては話さなかった。 トルストイ/木村浩訳『アンナ・カレーニナ』より引用
  • コヴェント・ガーデンでの演奏会の著名な出演者は、全員アルフレッド邸の夜会でも演奏していたが、それでもなおアルフレッドはコヴェント・ガーデンの棧敷席を予約するので不思議がられていたという。