還俗

全て 名詞
872 の例文 (0.00 秒)
  • なぜ還俗して浄瑠璃作者になったのか、その経緯についても不明である。 ...
  • あんたも、その年で還俗となると、あまり見ばヽヽのいいもんじゃなかろう。 ...
  • 僧はいつでも還俗することができ、その意思が妨げられることはない。 ...
  • いつの日かかならず還俗げんぞくし、おれは絵描きとして名を成すつもりなんだ。 ...
  • 何があったか知らないが、そろそろ還俗げんぞくしてもよいのではないか。 ...
  • 義教はそれまで義円ぎえんといって青蓮院門跡しようれんいんもんぜきであったが、還俗げんぞくしたのである。 ...
  • 僧として修行中、朱子学に感動して還俗げんぞくしたというのが跳躍の一つだった。 ...
  • 渋井さんも、還俗したいまは、上座部仏教の世界では俗人の一人である。 ...
  • 自らの意志で還俗する場合と、教団側から還俗させられる場合がある。 ...
  • 湛慶は因縁の深さに心を打たれ、還俗してその女房と夫婦になったという。 ...
  • しかし、夭折したため還俗し、堯季と改名したうえで9代当主となった。 ...
  • そして両親は「在家としても修行できるではないか」と強く還俗を勧めた。 ...
  • もと坊主だったやつが還俗げんぞくして相撲取りンなったんで捨衣ってんだよ。 ...
  • 元親から何度となく還俗を促されたが応じることはなく、生涯僧として通した。 ...
  • 義政の弟、義視が還俗げんぞくして養嗣子ようししに迎えられて、ちょうど一年目である。 ...
  • もとある寺の僧であった男が、還俗げんぞくしてこの後家と一緒に暮らすようになった。 ...
  • なおこの際に強制的に還俗させられており、再度剃髪したのは帰国直前である。 ...
  • 次へ