避ける

全て 動詞
12,318 の用例 (0.01 秒)
  • しかし彼らの多くは私を避けるように思えたのは気のせいだったろうか。 島尾敏雄『出発は遂に訪れず』より引用
  • 今はこれを避けるためには、重ねてその顔を見ないに越したことはない。 永井荷風『濹東綺譚』より引用
  • これが空襲を避けている子どもたちの顔であるとは思われないのである。 村山俊太郎『子どもの世界』より引用
  • 自分がその努力をせずに、こうして避けるようにしているのは逆効果だ。 新津きよみ『女友達』より引用
  • おそらく彼は、常にわたしの視線を避けるように移動しているのだろう。 乙一『平面いぬ。』より引用
  • しかし写実がやや表面に流れているという非難は避けることができない。 和辻哲郎『古寺巡礼』より引用
  • こう思って二人は江戸入りさえ避けて、すぐに上尾宿へ来たのであった。 国枝史郎『剣侠』より引用
  • 第十四小隊に所属していたころは、なんとか避けるかいなすことができた。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス07 ホワイト・オペラ』より引用
  • それでゐて、それが、非芸術であることは絶対に避けなければならない。 岸田国士『上演目録』より引用
  • ここで田丸首相は、質問されるのを避けるためのやうにまた語り出した。 丸谷才一『女ざかり』より引用
  • 僕は忍ばねばならぬことは之を忍び、避けねばならぬことは之を避けた。 永井荷風『申訳』より引用
  • お庄は父親と顔を合わすのを避けるようにして、台所の方へ出て行った。 徳田秋声『足迹』より引用
  • 妹は俺の視線を避けながら、俺の方にじっと眼をつけてるようだった。 豊島与志雄『渡舟場』より引用
  • これを避けるには今から大事なところへ石をうっておく必要があると思う。 海野十三『『十八時の音楽浴』の作者の言葉』より引用
  • でもそれは斬られて倒れたのではなくて、太刀先を避けて倒れたのです。 国枝史郎『怪しの者』より引用
  • 聞かせたくない事実が秘められていればこそ語ることを避けるのであろう。 酒井嘉七『ある完全犯罪人の手記』より引用
  • そして時々視線が行き会うと、妙にそれを避けるような様子があった。 徳田秋声『黴』より引用
  • 問題の若い娘の名を言うことをテナルディエが避けてるのは明らかだった。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • すなわち私の聞きますのをむようですから私はその場を避けました。 河口慧海『チベット旅行記』より引用
  • 陸軍がこれを絶対に譲らないというなら戦争を避けることはできない。 五味川純平『御前会議』より引用
  • 次へ »