遺伝因子

47 の用例 (0.00 秒)
  • ゲノム内を移動する遺伝因子は、真核生物のモバイロームの中心である。
  • 細胞質遺伝とは細胞質に存在する遺伝因子によっておこる遺伝のこと。
  • 二人とも地球最初の核爆発後に生まれた仲間で、両親の遺伝因子が放射能によって変わってしまったのだ。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『08 銀河の時空を抜けて』より引用
  • 謎の遺伝因子は、一体どこまでリロイを変貌へんぼうさせ、力を与えるのか。 安井健太郎『ラグナロク 第01巻 黒き獣』より引用
  • 有性生殖をする生物の多くは遺伝因子一つにつき一対の遺伝子を持っている。
  • これはSLEの発症における遺伝因子の強い影響力を意味していると捉えられる。
  • いいかえれば、おまえたちは、人類がこれまでに所有したかぎりの強力な遺伝因子をすべて所有しているのだ。 E・E・スミス/小西宏訳『(レンズマン・シリーズ4) レンズの子ら』より引用
  • この精虫の一匹一匹が、すべて彼の遺伝因子をつつみ、一人の人間としてこの世に誕生する可能性を持ったものである。 山田風太郎『伊賀の聴恋器』より引用
  • リウマチのように、同じ遺伝因子を持つと思われる兄弟が、一方だけ発病したりする。 養老孟司『涼しい脳味噌』より引用
  • 病気の原因には、必ず遺伝因子と環境因子の二つがある。 宮田親平『ハゲ、インポテンス、アルツハイマーの薬』より引用
  • 北欧の血が四分の一、江美子の血管の中を流れているということだが、その遺伝因子が彼女の場合特に強く作用しているようだった。 吉行淳之介『砂の上の植物群』より引用
  • 他の遺伝因子は乳癌では散発的に見られるだけである。
  • 二十世紀の世界で保存されたクジラの細胞の標本が、クローン操作を通して種としての遺伝因子の多様性を増大することになっている。 ロッデンベリイ『スター・トレック4/故郷への長い道』より引用
  • 彼らの生殖細胞が融合すれば、多少とも劣弱な遺伝因子はすべて除去されるようになっていた。 E・E・スミス/小西宏訳『(レンズマン・シリーズ4) レンズの子ら』より引用
  • 確かに、異質の遺伝因子の恩恵を授かったリロイは、想像以上の戦士となった。 安井健太郎『ラグナロク 第01巻 黒き獣』より引用
  • 細胞質遺伝因子の突然変異による遺伝病も知られている。
  • はじめにいっさいが生体のなかで、遺伝因子のなかで雲古のなかで完成され、予定され、調和され、料理されてあるのだ。 開高健『新しい天体』より引用
  • さらにそのつぎの時代には、遺伝因子の調節さえも可能にし、人類をむりなく進化させるという飛躍にとりかからないとも限らないのである。 星新一『きまぐれ博物誌』より引用
  • いくら遺伝因子が見つかってないからって、だから不治の病っていうことにはならないんだ。 乃南アサ『躯(からだ)』より引用
  • 一方、シルクロード沿いでは非常に交流がさかんだったことから、ある特定の遺伝因子がシルクロード沿いに伝播されて行ったという可能性もある。
  • 次へ »