選ぶ雑誌ジャーナリズム

8 の用例 (0.00 秒)
  • 編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞とは、日本語の雑誌媒体において発表された記事・企画などに対して贈られる賞である。
  • 週刊現代で執筆した一連の相撲報道で、第14回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞の大賞を受賞した。
  • なお前記の雑誌連載は1995年、第一回「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム作品賞」を受賞した。
  • この連載は、2004年に「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」第10回大賞を受賞した。
  • 手記掲載記事は、雑誌編集者の互選による「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」で第3回スクープ部門賞に選出された。
  • この記事は神山典士による新垣隆インタビューへとつながり、第20回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞作品賞を受賞した。
  • ジャーナリスティックな雑誌であることも特徴であり、編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞の受賞回数は休刊までに14回で、『週刊文春』に次ぐ2位であり、月刊誌としては1位であった。
  • 日興コーディアル証券の粉飾決算事件をスクープし、2006年度の「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」の大賞を受賞した。

選ぶ雑誌ジャーナリズム の使われ方