選ぶ国内選考

8 の用例 (0.00 秒)
  • これを通過してセルビア・モンテネグロ代表を選ぶ国内選考であるエヴロペスマに参加したが、最終的に優勝を逃した。
  • ユーゴスラビア代表を選ぶ国内選考はユーゴスラビア国営放送によって開かれた。
  • 大会に先立ってそのドイツ代表を選ぶ国内選考「」の当時、ドイツのヒット・チャートで史上初となる、デビュー3作が同時にトップ5に入るという快挙を成し遂げた。
  • ユーロビジョンからの撤退を惜しむ世論に後押しされたフランス・テレビジョンがこれに代わって、1983年大会以降、フランス代表を選ぶ国内選考の主催をはじめとする、フランスにおけるユーロビジョン関連業務を引き受けた。
  • これ以降、ユーロビジョン・ソング・コンテストのセルビア・モンテネグロ代表を選ぶ国内選考であるエウロピイェスマを含む複数のフェスティバルに参加し、上位に入った。
  • ユーロビジョン・ソング・コンテスト大会のアルバニア代表を選ぶ国内選考を兼ねるアルバニアの音楽祭・フェスティヴァリ・イ・ケンゲスで優勝し、アルバニア代表としてユーロビジョン2008に参加したが、準決勝で25箇国中17位に終わり、10箇国のみが進出できる決勝への進出はかなわなかった。
  • クラシミル・アヴラモフは、ロシアのモスクワで行われるユーロビジョン・ソング・コンテスト2009のブルガリア代表を選ぶ国内選考に、楽曲「Illusion」で参加し、2009年2月21日に優勝を決めた。
  • ユーロビジョン・ソング・コンテストのポルトガル代表を選ぶ国内選考となる第45回フェスティヴァル・ダ・カンサンに「Todas as ruas do amor」で優勝し、同国代表として2009年5月にロシアのモスクワで行われる2009年大会に参加することが決まった。