選ぶだろ

137 の用例 (0.00 秒)
  • 少女期のこんな体験ゆえにわたしはいまの職業を選んだのかもしれない。 米原万里『ガセネッタ&シモネッタ』より引用
  • 今目の前にいるのは、あの時河見を選んだ私の六年後の姿なのだろうか。 山本文緒『ブルーもしくはブルー』より引用
  • そして少女を選んだのちの一カ月間に指定の場所に集合することになった。 サド/大場正史訳『ソドムの百二十日』より引用
  • わけてその妹聟に高氏を選んだ責任の多くも兄の自分にあるとしていた。 吉川英治『私本太平記』より引用
  • 彼はきっと多くの種類の中から特にこの色を選んだにちがいなかった。 久坂葉子『灰色の記憶』より引用
  • 彼が自分で選んだひとより、君が選んだひとのほうが優れていると、ね。 オースティン/ハーディング祥子訳『エマ(下)』より引用
  • と言って、権中納言は選んだよい小説の内容を絵にさせているのである。 与謝野晶子『源氏物語』より引用
  • 三人の兄弟が選んだ職業には「文字を扱う」という点で類似が見られる。 鈴木光司『らせん』より引用
  • ここの国の人々が選んだ社会主義の実績は着々進められているのだから。 宮本百合子『道標』より引用
  • きびしい仕事だと知ってて、それでも冒険者になるのを選んだんでしょ? 山本弘『サーラの冒険 Extra 死者の村の少女』より引用
  • 誰が選んだのかは知らないが、どれも彼女が見たことのない新しい映画だ。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • してみれば、かつては自分から進んでこの女を選んだ男がいるわけである。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(3部)』より引用
  • 私がこれを選んだのは、実に深くこの物語に打たれていたからだった。 三浦綾子『続泥流地帯 草のうた』より引用
  • 最初から安易な道を選んだ人たちとの間に差をつけられるのは当然でしょ。 森村誠一『致死家庭』より引用
  • そのまま勉強は続けたいと思ったが、彼は精神的な健康の方を選んだ。 柴田曜子『尾崎豊 夢のかたち』より引用
  • 彼らは明らかに何か相談せんためにその奥まった所を選んだのである。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 建物の色調を地中海の海の色、空の色に合わせて選んだようなのである。 遠藤周作『協奏曲』より引用
  • その人物に山木を選んだところに皇帝の批評性の高さがあるわけです。 久生十蘭『魔都』より引用
  • 別につくばという土地が好きで大学や研究所を選んだわけではありません。 岩月謙司『女は男のどこを見ているか』より引用
  • 一度選んだことに対してそれ程の責任を感じなければならないのだろうか。 福永武彦『海市』より引用
  • 次へ »