遮るものはなに

7 の用例 (0.00 秒)
  • さおな晴天の下、照りつける春の強烈な太陽を遮るものはなにもない。 竹宮ゆゆこ『わたしたちの田村くん 第02巻』より引用
  • 一歩足を踏み出せば、スティクスの身体からだを重力からさえぎるものはなにもない。 三雲岳斗『レベリオン 第03巻』より引用
  • しかしそこにさえぎるものはなにもない。 白瀬修『おと×まほ 第03巻』より引用
  • 視界をさえぎるものはなに一つない。 高橋克彦『星の塔』より引用
  • 遮るものはなにもない。 藤咲淳一『攻殻機動隊 凍える機械』より引用
  • ほとんど赤道寄りの太陽光を遮るものはなにもなく、粉塵ふんじんが堆積する道を白々と照らし出している。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 08 宇宙と惑星と』より引用
  • もう、遮るものはなにもない。 雨木シュウスケ『聖戦のレギオスⅠ 眠りなき墓標群』より引用