遮るもの

355 の例文 (0.00 秒)
  • これより西にこれより高い土地はなく、そして視界をさえざるものはなかった。 ...
  • 空は果てしない半球を頭上に広げ、どの方向を向いても遮るものがない。 ...
  • 雲の群れも既にどこかに去り、彼らの視界を遮るものは何ひとつない。 ...
  • 付近にはこのマンションより高い建物がないから、視界を遮るものは何もない。 ...
  • 山頂には電波塔も建てられており、遮るもののない大展望が開けている。 ...
  • ここからは衣川の流れも北方の山々も何の遮るものもなく一眸に見える。 ...
  • 昨日は久しぶりに、視界をさえぎるもののないおかの上で一人ねむったのだ。 ...
  • 二、三時間は、視界を遮るものがほとんどない場所を歩くことになるのだ。 ...
  • ドアも完全に視線を遮るものではなく、足の部分は外部から見える形式のものが多い。 ...
  • 逆に危険を伴うものや大型で視界を遮るものを取り付けた場合に違反となる場合がある。 ...
  • この山をさえぎるものは王国のどこを探しても存在しない。 ...
  • ごく自然に体が動いて前をさえぎるものを排除にかかった。 ...
  • 北米の中央部に多い、さえぎるもののない平原でなかったのは、幸いといえた。 ...
  • 実生の成長に最高なのは日差しを遮るものが何もないことである。 ...
  • さおな晴天の下、照りつける春の強烈な太陽を遮るものはなにもない。 ...
  • 木や遮るものは何もなく専ら白い砂だけで構成されている。 ...
  • 黒い多脚砲台の行く手をさえぎるものはなく、警察けいさつの車は後ろからばかり現れる。 ...
  • 次へ