遭う危険

11 の用例 (0.00 秒)
  • すなわち特に落雷に遭う危険性の高い登山については、雷の発生が少しでも予想されたならば、迷うことなく中止判断されるべきであるとされるようになっている。
  • 前者は、途中まで登り易いが、敵の待ち伏せに遭う危険性があった。 黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 3 西戦の巻(下)』より引用
  • オートバイの場合であれば、U字ロックをホイールに掛けることにより構造的に走行ができなくなるため、盗難に遭う危険性は低くなる。
  • 当時は、小学校で教員がプライベートに児童に漢字を教えただけでも、ハングル専用の国策に協力しなかったとして懲戒処分に遭う危険性のある時代だった。
  • ただしこれらの行為は、単独では対象者の腕力が取り押さえる側よりも強い場合に、返り討ちに遭う危険も伴うため、複数人数で同器具を複数用いて集団で押さえ込む方法が勧められる。
  • はじめは大阪府枚方市光善寺へ引っ越したが近くに兵器工場があったため空襲に遭う危険のあることが分かり、京都府京都市の四条堀川へ引っ越した。
  • 具体的なデータを示し、全身麻酔で重大事故に遭う危険性は、自動車に乗って重大事故に遭う確率に比べれば取るに足らないもので、「自動車に乗ることの方が、骨髄提供よりよっぽど危険なんだから」と家族を説得した。 江川紹子『私たちも不登校だった』より引用
  • 郵便物によっては、クレジットカード番号や銀行口座番号なども併せて流出し、犯罪の被害に遭う危険性が高まる。
  • また、国際法は、中国で拷問や迫害に遭う危険があるとして、ネパールに対して、チベット人の中国への強制送還を禁じている。
  • 秋には餌が減少する反面、多くの新女王バチと雄バチを養育するための負担が増大するために凶暴性を増し、返り討ちに遭う危険を冒しつつも、時に集団でキリギリスやカマキリ等の大型肉食昆虫を襲うケースが増える。
  • 日本国外では盗難に遭う危険からあまり現金を持ち歩かず、日常的にクレジットカードやデビットカード、小切手での決済が多く、高額紙幣は偽造を警戒して相手に受け取ってもらえないことがあるため、それに次ぐ額面の紙幣として中額紙幣の流通量が多い。