遭うだろ

17 の用例 (0.00 秒)
  • 危険な目にもうだろうし、厳しい選択せんたくせまられることもあるだろう。 喬林知『今日からマ王 第12巻 外伝 「息子はマのつく自由業!?」』より引用
  • 同床相憐れむではないが、同じ目に遭うだろう二人に励ましをかける。 言乃葉『出席番号32番 衛宮』より引用
  • そのうちにこの子もこんな目に遭うだろうからね! ストウ/山屋三郎・大久保博訳『アンクル・トムズ・ケビン(上)』より引用
  • 昌吉にそんなことを言ったらおそらく半殺しの目に遭うだろう。 井上ひさし『四十一番の少年』より引用
  • きっと挫折の憂き目に遭うだろうが、それも不幸ではない。
  • もっとも抵抗しなくても辛い目に遭うだろうけど、くっくっく! 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 05 目明し編』より引用
  • 火勢からすると、神田の本願寺も火災に遭うだろうと思われた。 冲方丁『光圀伝』より引用
  • そうでなければ、ラベンダー書院文庫顔負けの言葉責めにうだろう。 樹生かなめ『~ラベンダー書院物語~ その男、熱愛中につき』より引用
  • 少年院の経験者も、その事実を知られると同時に、相手が俄かに態度を変える場面に、繰返し出遭うだろう。 高井有一『立原正秋』より引用
  • これからも僕は怪異に遭うだろう。 西尾維新『化物語(下)』より引用
  • しかし、誰しも事故には遭うだろうが、そのたびにシートベルトがはずれなくなり、そのたびに火の手があがり、そのたびにドアがあかなくなるなんてことがあるだろうか。 東海林さだお『食後のライスは大盛りで』より引用
  • まあ、中一と付き合う高三というのも、恐らくはつまはじきのに遭うだろうことを考えると忍の言うことは正しいんだけれど、ちげーよ、そもそもそういう目的じゃねーんだよ。 西尾維新『傾物語』より引用
  • 侯爵は、彼のような地位の男が、ジェーンのような教養のない女と結婚したら、こうした、ばつの悪い思いがけないできごとに遭うだろうという事実を、前もって味わう破目におちいったらしかった。 クリスティ/松本恵子訳『エッジウェア卿の死』より引用
  • もしペットボトルからカッターが外れたら、勢いよくエリオの胴体の何処かが、衣服ごとぶった切りの目に遭うだろう。 入間人間『電波女と青春男 第02巻』より引用
  • 処女はチーズにたとえられもしたが、「処女とはチーズのごときもの、虫がわいて、固い皮だけ残して食い荒らされる」などは、今だったらフェミニストの攻撃に遭うだろう。 石井美樹子『中世の食卓から』より引用
  • もし見つかったら袋叩きに遭うだろう。 池上永一『テンペスト2 花風の巻』より引用
  • 警察犬はそれぞれ武芸の達人ぞろいであるし、だいたいが、獰猛どうもうな性格の持ち主ばかり、いつかれたら半死半生の目にうだろう。 井上ひさし『ドン松五郎の生活』より引用