適宜増減

21 の用例 (0.00 秒)
  • なお、それぞれの場合において、年齢・症状により使用量を適宜増減する。
  • なお、年齢・症状により1日12mgを超えない範囲で適宜増減する。
  • なお、年齢・症状に応じて適宜増減するが、1日量は24mgを限度とする。
  • 上記いずれの場合であれ、グリセリンは季節、気温などで適宜増減調節する。
  • なお年齢や症状に応じて適宜増減する。
  • ただし、投与量は年齢・症状に応じて適宜増減する。
  • なお、材料の分量などは、適宜増減されることを予め断っておく。
  • いずれの場合にも、年齢、症状により適宜増減する。
  • なお、必要に応じて適宜増減できるが、1日1mgを上限とする。
  • なお、年齢・症状に応じて適宜増減する。
  • なお、年齢や症状などにより適宜増減する。
  • なお、年齢・症状に応じ適宜増減する。
  • なお、症状に応じて適宜増減するが、1回2錠、1日8錠を超えて投与しないこと。
  • 維持量は1日200 - 400mgを2・3回に分けて投与することとし、症状に応じて適宜増減する。
  • なお、年齢や症状により適宜増減する。
  • しかし現在は外来においては1日12mg - 18mgを開始用量として適宜増減する方法が推奨されてきている。
  • また、年齢、症状により適宜増減する。
  • なお、年齢、症状により適宜増減する。
  • 年齢、症状により適宜増減する。
  • 用法用量は年齢、症状により適宜増減する。