遠慮はいりません

17 の例文 (0.00 秒)
  • 金ばかりでなく品物でもいいだけお持ちなさい、けっして遠慮はいりません。 ...
  • 断っておきますが、わたしのほうから気持よくくれてやるのです、遠慮はいりません。 ...
  • 上皇の想い者だろうと何だろうと、遠慮はいりません。
  • 一方、英語は、人を指すのに遠慮はいりません。 ...
  • 僕になら遠慮はいりません。
  • 「どうぞあがって下さい」与平は手を振りながら云った、「構いません、遠慮はいりませんからどうぞ」 そして老人は思いだしたように、向うから半屏風はんびょうぶを二枚持って来て、栄二の寝床を囲った。 ...
  • 影女とは昔馴染なじみですから、遠慮はいりません。 ...
  • 私に遠慮はいりません。 ...
  • いや、ご遠慮えんりよはいりませんよ。
  • 「他には何人だれもいないのよ、ささ、どうぞ」 「は」 「ほんとに何人もいないから、遠慮はいりません」少女の方を見て、「お客さんは、はにかんでいらっしゃるから、おまえだちがあげておやりよ」 女は莞とした。 ...
  • 久助は、さびしい裏町へお蝶を導いて、何を渡世とせいにする家とも分らない一軒のしもたやの戸を開けて、顔を出したそこの内儀ないぎと小声で話しておりましたが、 「さ、遠慮はいりませんからおはいりなすって」 お蝶を招き入れて、自分も草鞋わらじとべんけいを戸口の隅におきました。
  • 遠慮はいりません、踊りなさい。 ...
  • 「何もあたしからお頼みしてお出でいただいたというわけでもなし、どうぞ、ご遠慮はいりませんよ」 「おい、タミヤ」 グインは肩をすくめる。 ...
  • え、遠慮はいりませんよ! ...
  • 遠慮はいりませんから。 ...
  • 遠慮えんりょはいりません。 ...