遠けりゃ

全て 形容詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 遠い昔に知っていた人物だということにやっと気づいたといった感じで。 ...
  • そのなかっている乗客じょうきゃくは、たいていとおいところへたびをする人々ひとびとでした。 ...
  • そして遠い国の方から帰って来たものであるというその心を告げたかった。 ...
  • 彼はまたふと、一年半の戦場の生活を、遠い昔のことのやうに思ひ出す。 ...
  • あるいは意外の幸運に心も躍って道の遠いのも知らずにゆく人もあろう。 ...
  • とくに現代のひとには、古典中の古典になってしまいそうな遠さである。 ...
  • 生みの母に初めて離れて遠い旅に出るこの子の母はよく言つてきかした。 ...
  • 遠まわりしたところで、発見される危険を減少させることにはならない。 ...
  • そんなことを新聞が叫んでいたのは五年も前の遠いことのような気がする。 ...
  • それから僕自身の生活に遠い生活を書いた小説も愛読しないことはない。 ...
  • 父は畳一畳ほどの前をじっと見守って遠いことでも考えているようだった。 ...
  • ここにくるまでの遠い道が彼を疲れさせたなどとは思われなかった。 ...
  • 現在のやうな文化の危機を生んだ原因には近いものと遠いものと二つある。 ...
  • この間から四五日遠退いていたのを幸いに、このまま顔を見ないで行く! ...
  • でも、あまり遠かったので声をかけることはもちろんできませんでした。 ...
  • 遠い地方の田舎へやられるのは、多くはそうであったのかも知れない。 ...
  • 三町はけだし遠い道ではないが、身体からだも精神も共にいたく疲れて居たからで。 ...