遠くまで見渡せる

20 の用例 (0.00 秒)
  • 私がより遠くまで見渡せたとすれば、それは巨人の肩の上に乗ることによってです。
  • しかし矮人が巨人の肩の上に乗せられたならば、いずれが遠くまで見渡せるか。
  • かなり遠くまで見渡せるところを見ると、この部屋は相当高いところにあるにちがいなかった。 グィン『ゲド戦記1 影との戦い』より引用
  • ジャックした敵の視界は、キャラクターの視界よりも遠くまで見渡せるようになっている。
  • 辺りにはさえぎるものがなにもなく、大して高い丘でもないのにかなり遠くまで見わたせる。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅶ Side Colors』より引用
  • 確かに紅葉はきれいだが、晴れた日に遠くまで見渡せるのはほんのわずかな期間に過ぎない。 呉善花『恋のすれちがい』より引用
  • 霧が風に揺れて視界を覆ったかと思うと、急にきれいに晴れて、驚くほど遠くまで見渡せるようになった。 桜庭一樹『GOSICK 第2巻』より引用
  • 正面の家が取り壊されて、遠くまで見渡せるようになった景色に、目を凝らす。 入間人間『電波女と青春男 第07巻』より引用
  • オーリャの部屋からは、ミールの街並みが、かなり遠くまで見渡せた。 古橋秀之『冬の巨人』より引用
  • 昼間のように遠くまで見渡せました。 豊島与志雄『狸のお祭り』より引用
  • 発電所の二階からは、遠くまで見渡せた。 ソルジェニツィン/小笠原豊樹訳『イワン・デニソビッチの一日』より引用
  • それでも河岸は遠くまで見渡せたが、ほかに人影はなく、動いているのは頭巾姿のやや小太りの男の姿だけだった。 藤沢周平『よろずや平四郎活人剣(上)』より引用
  • それを遠くまで見渡せるグラウンドに、俺たちは会していた。 麻枝准『涼元悠一 魁 CLANNAD Official Another Story 光見守る坂道で』より引用
  • 太陽城の天守からは四方の諸国が、はるか遠くまで見渡せる。 井沢元彦『日本史の叛逆者 私説・本能寺の変』より引用
  • 田村は遥か遠くまで見渡せる商店街に目を動かして危ぶんだ。 高橋克彦『前世の記憶』より引用
  • ぼくがこの海の上を遠くまで見渡せたのは、なにか『特殊な』光がすみずみまで照らしていたからである。 ヴェルヌ/金子博訳『地底旅行』より引用
  • 月の明るい宵であったので、遠くまで見渡せた。 柴田錬三郎『嗚呼 江戸城(上)』より引用
  • また、操作キャラクターを中心とした視点以外に、キャラクターの向いている方向を遠くまで見渡せる視点や、操作キャラクターと攻撃対象とを画面内に収め続ける視点が選べ、視界を任意に上下左右に一時移動させることもできる。
  • でも、このさびしい沼地ぬまちでは、少しぐらいとおくまで見渡みわたせても、ちっとも元気をつけられることにはなりませんでした。 ロフティング『ドリトル先生物語10巻 ドリトル先生と秘密の湖』より引用
  • あの尾根の上にいたんだが、かなり遠くまで見渡せる。 エディングス『マロリオン物語04 禁じられた呪文』より引用