違う

全て 動詞
36,984 の用例 (0.01 秒)
  • 血の付いた手は以前の女の手とは違ったもののように私には思えました。 植松真人『主よ、人の望みの喜びよ』より引用
  • 世話をするために生れた人と、世話をされに生れた人とはこれほど違う。 夏目漱石『野分』より引用
  • 女の人の場合には、そのことが男と違う感じで自分に感じられましょう。 宮本百合子『女性の生活態度』より引用
  • なぜ東西で美の標準がこれほど違うかと思うと、ちょっと不思議だろう。 夏目漱石『三四郎』より引用
  • 四年半は三十年戦争や七年戦争に比べて短いようでありますが緊張が違う。 石原莞爾『最終戦争論』より引用
  • 男というものは女性と違って社会に活動するのには非常な敵を持っている。 小野佐世男『恐妻家庭円満術』より引用
  • 自分とは二つか三つしか違わないと思っていたが、実は八歳も上だった。 茅田砂胡『大鷲の誓い デルフィニア戦記外伝』より引用
  • いくら細い人だってそうだろうと思うんですけーど違うんでしょうか。 宮本百合子『日記』より引用
  • たまに来てみると髪や何か、女の様子が山の手とまるで違っていますね。 徳田秋声『黴』より引用
  • これはあるいは普通一般に用いらる解釈とは少し違うかも知れませぬ。 新渡戸稲造『教育家の教育』より引用
  • この手紙には今までと違って、何か別に撃たれるところのものがあった。 岡本かの子『母子叙情』より引用
  • が、まず猫ほどではないにしろ、勝手の違う気だけは起ったはずである。 芥川竜之介『お時儀』より引用
  • しかし前の六回のときとは違って、二つばかりの誤算が入ってきました。 海野十三『人間灰』より引用
  • 五十に近い老人とも思えるし、自分とはいくつも違わないとも思われる。 高木彬光『妖術師』より引用
  • 自分は専門が違うので此批評はやや酷な、当を得ないものかもしれない。 宮本百合子『日記』より引用
  • 爪はそれぞれ違った顔付をしていて、知ってる人たちに似かよっている。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • ただ単に将校の気まぐれで、後になって違ったとか言われないだろうか? カフカ・フランツ『処刑の話』より引用
  • 自分たちはキリストと違って、すべての人類を救おうとは思っていない。 池谷信三郎『橋』より引用
  • そこがシェリングをしてフィヒテとは違った道を選ばせた理由であった。 戸坂潤『現代哲学講話』より引用
  • 左と右とにも松があって、それぞれ形の違った石灯籠が置いてありました。 小金井喜美子『鴎外の思い出』より引用
  • 次へ »