違い

全て 名詞 動詞
71,253 の用例 (0.01 秒)
  • そして何かそれには重大なわけがあるに違いないとは思っていましたが。 有島武郎『或る女』より引用
  • しかし彼女は誰の目にも見すぼらしいなりをしているのに違いなかった。 芥川竜之介『歯車』より引用
  • おそらく夜の灯の下で変らないのはその場合園一人であったに違いない。 有島武郎『星座』より引用
  • そしてそれは私を通しての母への愛の一つの歪められた表現に違いない。 金史良『光の中に』より引用
  • あるに違いないと思っていた僕の帽子はやはりそこにもありませんでした。 有島武郎『僕の帽子のお話』より引用
  • 彼の喜びに輝いている顔色はなにごとかを発見してきたのに違いない。 海野十三『省線電車の射撃手』より引用
  • そうして月の世界からいつも私たちのすることを見ているに違いない。 夢野久作『奇妙な遠眼鏡』より引用
  • 事務所や家にいたとしたら、とっくに逮捕されていたに違いありません。 ドイル・アーサー・コナン『ノーウッドの建築家』より引用
  • 明らかに女は、極度の恐怖に気が変になりかけているのに違いなかった。 海野十三『棺桶の花嫁』より引用
  • あたしの肉体には、夫殺しの文字が大きなあざになっているのに違いない。 海野十三『俘囚』より引用
  • 「余りと言えば余り」とは実際こう云う瞬間の僕の感情に違いなかった。 芥川竜之介『冬』より引用
  • 実際また彼女は美しいと云っても、どこか病的だったのに違いなかった。 芥川竜之介『彼 第二』より引用
  • あの夜彼女は飲酒について自らに課したルールを破っていたに違いない。 フィッツジェラルド・フランシス・スコット『グレイト・ギャツビー』より引用
  • しかし好きの点では人一倍ただならぬまでに好き者であったに違いない。 北大路魯山人『良寛様の書』より引用
  • きっと彼女は私が朝鮮の苗字をしているので驚いたのに違いないと考えた。 金史良『光の中に』より引用
  • 彼も始めて顔を合せた彼の妹の心もちに失望しているのに違いなかった。 芥川竜之介『彼』より引用
  • それをわざわざこう言って聞くのは、いずれ父を知っている男に違いない。 大杉栄『自叙伝』より引用
  • ぼくはそのときまでにすっかり感覚をちぐはぐにしていたに違いない。 フィッツジェラルド・フランシス・スコット『グレイト・ギャツビー』より引用
  • 男の児は誰だか判らないが、女の児はお三ちゃんに違いないと云うのです。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • カメラがとらえたそのときのありさまは、想像を絶しているに違いない。 片岡義男『波乗りの島』より引用
  • 次へ »

違い で始まる単語