達する巨大

29 の用例 (0.00 秒)
  • ボーイングが開発した六十トンに達する巨大爆撃機を、白い雲が包みこんでいく。 荒俣宏『帝都物語3』より引用
  • かつて東京には、朝鮮半島にまで達する巨大な地脈を誇る巨竜がいた。 荒俣宏『帝都物語5』より引用
  • だが、高さは二十メートルをし、直径は、三メートルに達する巨大きよだいなものだった。 光瀬龍『所は何処、水師営 SF西郷隆盛と日露戦争』より引用
  • 高さ二メートルにも達する巨大なヒヨコである。 菊地秀行『吸血鬼ハンター05 夢なりし“D”』より引用
  • また、復元された全長が3mに達する巨大な種も知られている。
  • 水平線のむこうには、天に達する巨大な山脈がどこまでもつづいて、その両はしは見えない。 P・J・ファーマー『階層宇宙の創造者』より引用
  • また大きさもごく小さな農地と家屋のみのこともあれば、数千ヘクタールに達する巨大農場もある。
  • 二基の核弾頭が爆発した瞬間、このロスト・マウンテンの地下には、表面温度七千度に達する巨大な火球が発生する。 福井晴敏『∀ガンダム(下)』より引用
  • 一方で、石彫の中には4~5mに達する巨大なものもみられる。
  • 青森のねぶたと構造は基本的に同じだが、その名の通り、高さが最大で20m強にも達する巨大な山車が運行される。
  • しばしば直径50cm以上、重さ10kg以上にも達する巨大なものも見られる。
  • 規模は毎回M8クラスに達する巨大地震で、約100年から200年周期の発生と考えられている。
  • 南庭には高さ80メートルに達する巨大な八角九重塔が聳え、東海道に京の権勢を誇示していた。
  • そのため、射程の延伸、強力な弾頭の搭載などのため、重量が7トンにも達する巨大なミサイルとなり、推進システムや誘導機構にそれまでに無いシステムが多く導入された。
  • 泉は挑みかかられて腹を立てたかのように、さらに一段水量を増し、背丈の三倍にも達する巨大な水柱を吹き上げた。 小川一水『風の邦、星の渚 レーズスフェント興亡記』より引用
  • これは地元のレストランのシェフが直径10mに達する巨大なフラット・エンチラダを作って振舞うものである。
  • 構造設計者、ガンヴァルド・オースは、支持層に達する巨大なケーソンによって、この建物の鋼構造を支える設計とした。
  • 紙風船は近年、巨大化が進み従来の半紙ではなく、幅1メートルほどの業務用和紙を貼り合わせて作っており、長さ3メートルから8メートル、大きいものでは12メートルに達する巨大な円筒形構造となっている。
  • 側水槽は、長さは先輪の後部から第2動輪の後部にまで、高さは動輪中心付近からボイラー上端にまで達する巨大なトランクのようなものを装備しており、この側水槽の上部後半を船底形にえぐった形で炭庫を設けていた。
  • 高さ十メートルにも達する巨大な楕円形の基台ベースの上に、木造・プラスチック・鉄製の建築物がひしめき合い、その間を街路が整然と、あるいは気まぐれに走っている。 菊地秀行『吸血鬼ハンター04 D-死街譚』より引用
  • 次へ »