達する大型種

13 の用例 (0.00 秒)
  • 日本産の種は10mm程度だが、国外では30mmに達する大型種もある。
  • 山岳の急流域に住む小型種がほとんどであるが、体長2mに達する大型種も含まれる。
  • 深海産は複眼が退化しているが、大型化する種も多く、中には20数cmにも達する大型種もいる。
  • 小型な基亜種でも40センチメートル以上に達する大型種のため、極めて大型のケージなどが用意できない限り飼育は勧められない。
  • オヤニラミと近縁だが、本種は最大で全長30cmに達する大型種であり、また体高が低く頭部が大きいことで区別できる。
  • 全長30cmに達する大型種もいるが、全長10-15cmほどの種が多い。
  • 飼育下でも甲長40センチメートル以上に達する大型種のため、極めて大型のケージおよびそのケージ内の温度を維持する保温器具などが用意できない限り一般家庭での飼育には向かない。
  • オオニベなど、2mに達する大型種も知られている。
  • 殻高3cm程度の小型種から殻高15cmにも達する大型種まで大きさは様々であるが、7~8cm前後のものが主である。
  • 殻長30cm以上、殻高20cm以上に達する大型種である。
  • 典型的には、たとえば日本のオニグモという種は雌で体長30mmに達する大型種で、典型的な垂直円網を張る。
  • またメインクーンなどに代表される、体長1m前後に達する大型種は、人間に従順で時にイヌのようにふるまう。
  • 現生種は全長15cmほどしかないコウミスズメから全長45cmほどのハシブトウミガラス、オオハシウミガラスまで計22種が知られるが、1844年に絶滅したオオウミガラスは全長80cm、体重5kgに達する大型種だった。