達す

全て 動詞
175 の用例 (0.00 秒)
  • 私はいろいろの研究の結果、家庭が一番安全だという結論に達しました。 浜尾四郎『悪魔の弟子』より引用
  • 今日ではおそらく一千三百戸六千人以上に達したと言われているのである。 喜田貞吉『特殊部落の人口増殖』より引用
  • それさへ完全に表現することが出來ればそれで私の目的は達したのである。 萩原朔太郎『散文詩・詩的散文』より引用
  • 彼の心は七八つの幼ないものだが年齢ねんれいはもう十六七の青年に達していた。 岡本かの子『みちのく』より引用
  • そして見る見るうちに光の翼は広い畑を越えて窓下に達しそうだった。 牧野信一『鬼涙村』より引用
  • 一六三六年にはフランスに伝わり、一六三八年にはロシアにまで達した。 村岡博『茶の本』より引用
  • その墜落の途中にあるいは音速に達していたのではないかと彼は考えた。 坂口安吾『明日は天気になれ』より引用
  • そして、見る見るうちに光の翼は広い畑を越えて窓下に達しさうだつた。 牧野信一『鬼涙村』より引用
  • その目的は以上の所説でいくらかは達せられたように思われるのである。 寺田寅彦『連句雑俎』より引用
  • 現在私が自分の目的を達し得ないことは、私にとつては何でもないことだ。 福永渙『劒の教義』より引用
  • そうして今やその手段では防衛の目的が達せられそうもなくなって来た。 谷崎潤一郎『潤一郎犯罪小説集』より引用
  • 曾はもう自分が望んでいたことでその望みの達しられないものはなかった。 田中貢太郎『続黄梁』より引用
  • しかし第一の扉を通過しないで第二の扉に達し得られたかどうかは疑問である。 寺田寅彦『案内者』より引用
  • しかし、緒方がその近くまで達したときには、牛はもう起き上っていた。 坂口安吾『牛』より引用
  • 合鍵は目的を達した上は、どこへかすててしまったものと考えられます。 三上於菟吉『白銀の失踪』より引用
  • 僕はそれでもう僕の目的の七、八分は達したものと思って喜んで室に帰った。 大杉栄『自叙伝』より引用
  • 弟の卒業するのは知つてゐながらも、もうそんな時期に達したのかと思つた。 久米正雄『受験生の手記』より引用
  • 彼れは感情の最高潮に達した時でなくては活動を顕はさない質である。 鳥谷部春汀『明治人物月旦(抄)』より引用
  • ただしかし、占い商売だけでその目的を達せられると彼は考えていない。 山田風太郎『ラスプーチンが来た 山田風太郎明治小説全集11』より引用
  • かく命令が達せられると、諸軍はそれぞれ敵城を攻める準備をはじめた。 施耐庵/駒田信二訳『水滸伝(六)』より引用
  • 次へ »

達す の使われ方

達す で始まる単語