道を選ぶ

322 の用例 (0.00 秒)
  • このような状況でマコーリーは生活してゆくために弁護士の道を選んだ。
  • で吾々は今の場合、もう少しの別な道を選ばなければならないのである。 戸坂潤『現代哲学講話』より引用
  • 身よりのない彼女は、残ってあの宿を切り盛りする道を選んだのである。 伊豆平成『PATRONE1 護民官ルフィ&ワイリー』より引用
  • ただしたったひとりの子供だけは、海に身を投げて溺死する道を選んだ。 エディングス『ベルガリアード物語5 勝負の終り』より引用
  • 近代化への道を選んだ日本は、その後西洋のマネばかりするようになる。 橋本治『二十世紀(上)』より引用
  • そこがシェリングをしてフィヒテとは違った道を選ばせた理由であった。 戸坂潤『現代哲学講話』より引用
  • だがこの道へ入ったら入ったで、更に一番いい道を選ばなきゃならない。 半村良『軍靴の響き』より引用
  • 最初から安易な道を選んだ人たちとの間に差をつけられるのは当然でしょ。 森村誠一『致死家庭』より引用
  • 私が医者の道を選ばなかったのにはそれが大きな原因となっている。 高橋克彦『前世の記憶』より引用
  • 陽子は大きくなってから、自分で道を選んで欲しいと思っているようだな。 小野不由美『十二国記 09 黄昏の岸 暁の天』より引用
  • 逃げ散る敵は道を選んでいないので、追う者また道を見てはいなかった。 吉川英治『新書太閤記(八)』より引用
  • 惰性とでもいうのか、からだが自然に動き、最も安全な道を選んでいる。 星新一『殿さまの日』より引用
  • この最後の旅が終わった後、オレは日本でどのような生活の道を選ぶか。 植村直己『青春を山に賭けて』より引用
  • 子供を授かったと分かった時、自身の母のように主婦になる道を選んだ。
  • 私の子どものころは、そうはらくくって自分の道を選んだ人間も多かった。 谷沢永一『人間通と世間通 “古典の英知”は今も輝く』より引用
  • 潜在せんざい意識が、校舎とは逆の道を選ばせてしまったのかもしれないけれど。 今野緒雪『マリア様がみてる 03 いばらの森』より引用
  • 私がこの道を選んだのは、考えあってのことで、偶然ではありません。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(2)』より引用
  • 兵士達の中には出来得れば戦わずして捕虜になる道を選んだ者も多かった。 木村裕主『ムッソリーニの処刑』より引用
  • もともとは建築学を学んでいたが、音楽の道を選んでその分野は放棄した。
  • しかしこの極東の小国だけは、自ら進んでヨーロッパ化への道を選んだ。 橋本治『二十世紀(上)』より引用
  • 次へ »