道を切り拓く

10 の用例 (0.00 秒)
  • 彼の社会事業は女性の就業への道を切り拓くものでもあった。
  • 道を切り拓くにつれて、それが一つの言葉となってゆくのだ。 豊島与志雄『風景』より引用
  • 自分で自分の道を切り拓く覚悟が、常に必要なのである。 豊島与志雄『新時代の「童話」』より引用
  • 主人公は通常非常に聡明な10代の若者で、周囲の大人たちの社会の中で自らの道を切り拓く必要に迫られる。
  • 軍人エリート候補生だったサムナは、自分の意思で道を切り拓くために今までの自分の地位を捨て、NWへと足を踏み入れる。
  • 「道を切り拓く者」を意味する「トレイルブレイザーズ」の名称は一般公募で寄せられた名前の中から選ばれた。
  • そのようにして発生した〈欲望〉は〈個〉から〈全〉に向かう架空の道を切り拓く役割を負わされている。 松浦理英子『優しい去勢のために』より引用
  • 太田耕造初代学長の著書によると建学精神の「自助」とは、一人ひとりが自らの内面を深く見つめ、自分自身のしっかりとしたアイデンティティを確立し、自らの力でそれぞれの道を切り拓くこと。
  • コッホ突撃大隊はアルベール運河を守る近代的なエバン・エマール要塞と運河に架かる3つの橋を確保し、ベルギー中央部への道を切り拓くことを意図していた。
  • 専門課程の1学科「ライフテクニック科」は、就業準備と就業支援を目的としており、就業に結び付くカリキュラムをイベントサポートやボランティア活動など、様々な体験を通して身につけ、自分の進むべき道を切り拓く。