過去の回想

31 の用例 (0.00 秒)
  • ストーリーは基本的に現在進行のエピソードと過去の回想とを織り交ぜて進行する。
  • 旅寝の床についたとき、わたしは過去の回想から未来の予測に移っていたのである。 シャーロット・ブロンテ/大井浩二訳『ジェイン・エア(下)』より引用
  • そこには人間のさまざまの過去の回想が悔恨と執念とを籠めてうごめいているように見えた。 福永武彦『忘却の河』より引用
  • だが、それは彼の単なる過去の回想だけだったろうか。 松本清張『空の城』より引用
  • 言葉によってなされる行為は過去の回想だ。 川上稔『AHEADシリーズ 03 終わりのクロニクル②〈上〉』より引用
  • しかし過去の回想においては、経験内容の変化の有無によって時間の長短の感じが規定される様になる。
  • ただ過去の回想のみが、わたしをよろこばせることができる。 ルソー/桑原武夫訳『告白(上)』より引用
  • それから後で彼はそれを思い出す度毎に、妻の感覚のうちにはあの男との過去の回想が交っていると推定したのである。 豊島与志雄『囚われ』より引用
  • 過去の回想を薔薇の匂のうちに嗅ぐのであるといっている。 九鬼周造『「いき」の構造』より引用
  • だが過去の回想の中のグレンは普通に話す。
  • これなしでは、自由連想法その他で過去の回想をおこなっても、なんら治療的な力にならない。
  • 私の年とった魂が過去の回想を唯一の楽しみとする状態に追いこまれているとしても、それはぜひおゆるしをいただきたい。 カザノヴァ/田辺貞之助訳『カザノヴァ回想録 第一巻』より引用
  • 過去の回想に生きる時もある。 福永武彦『第一随筆集 別れの歌』より引用
  • そんな過去の回想を一瞬しながら、ミルクボーロを食べた。 むぅ『Happiness』より引用
  • そして渋り勝ちな筆を休ませる間に、今まで書き連ねて来たような過去の回想やら当面の期待やらをつぎつぎに脳裡のうりに浮ばしていたのだった。 有島武郎『小さき者へ・生れ出づる悩み』より引用
  • そして渋りがちな筆を休ませる間に、今まで書き連ねて来たような過去の回想やら当面の期待やらをつぎつぎに脳裏に浮かばしていたのだった。 有島武郎『生まれいずる悩み』より引用
  • そして渋りがちな筆を休ませる間に、今まで書き連ねてきたような過去の回想やら当面の期待やらをつぎつぎに脳裡のうりに浮かましていたのだった。 有島武郎『生まれ出づる悩み』より引用
  • また、同じく165話のイラッキンの過去の回想で、学校を卒業後、ダークイーターズになることへの不安を語っているところから、ある程度の規模の組織だと思われる。
  • 衣装の色はやや濃いブルー調だが、TVアニメでの過去の回想シーンではグリーン調となっている。
  • 草薙の過去の回想で「落下る」を使用し、大筋の内容は「操縦る」を使用したストーリーとなっている。
  • 次へ »