過すわけ

7 の用例 (0.00 秒)
  • 人生の最後の二十四時間をなりゆきにまかせてだらだらと過すわけにはいかない。 村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 2』より引用
  • この月は塩と、これも足りぬがちの味噌とで過すわけである。 伊藤整『太平洋戦争日記(三)』より引用
  • 彼女は、外で二、三日つづけて夜を過すわけにはいかなくなった夫が、夜明けに帰ってくる姿をよく見ていたからだ。 シムノン/長島良三訳『メグレの打明け話』より引用
  • 考えてみると、毎回、違った運転手さんと、或る時間二人きりで密室の中で過すわけである。 向田邦子『父の詫び状』より引用
  • 副社長ともなれば、毎日、気ままに過すわけにはいかない。 西村京太郎『雲仙・長崎殺意の旅』より引用
  • そうなっては重役連も看過すわけにはゆかない。 五味康祐『十二人の剣豪』より引用
  • 「来シーズン、三十数回」の見出しの手前、せっぱつまってしまい、今さら日本に残って、ションボリと空白の時を過すわけにはいかない。 岩城宏之『棒ふりの控室』より引用