過すことになる

20 の用例 (0.00 秒)
  • しかし、グエンの場合は、三十年を刑務所の中で過すことになるだろう。 三好徹『狙撃者たちの夏サミット・コンフィデンシャル』より引用
  • 例にって翌年江戸に帰らずに、二冬ふたふゆを弘前で過すことになったのである。 森鴎外『渋江抽斎』より引用
  • ロッテは二、三日の間、町のあるきちんとした婦人のもとで過すことになった。 ゲーテ/高橋義孝訳『若きウェルテルの悩み』より引用
  • おそらく彼女は生涯をこうして病舎に閉じこめられて過すことになるのだろう。 北杜夫『楡家の人びと (下)』より引用
  • あの人ね、今年の夏は週末をたいていここで過すことになってるの。 フィッツジェラルド/野崎孝訳『グレート・ギャツビー』より引用
  • そう判っていても考え、戦う前の不安な日々を過すことになる。 河口俊彦『人生の棋譜 この一局』より引用
  • 開幕したプロ野球の状況も知らずに過すことになった。 阿久悠『続・瀬戸内少年野球団紅顔期』より引用
  • たぶん夜もそこで過すことになるだろう。 セルバンテス/荻内勝之訳『ペルシーレス(下)』より引用
  • この分では園芸とは無関係な夏を過すことになるだろう。 福永武彦『第四随筆集 夢のように』より引用
  • 同十五年には今までの古い家を壊して、その跡に新築することになり、そばにあった小屋で一冬を過すことになった。 蒲原有明『夢は呼び交す』より引用
  • 病気で脚が不自由になってからは義兄の処で居候みたいにぶらぶら過すことになった。 渡辺淳一『光と影』より引用
  • 艦隊は、前もって打合せをしてあるとおり、あの飛行島で二十四時間を過すことになっている。 海野十三『浮かぶ飛行島』より引用
  • 幸代が親に心配をかけまいとして黙っているからで、その結果、幸代はたった一人で夜を過すことになる。 平岩弓枝『御宿かわせみ 30 鬼女の花摘み』より引用
  • 十歳の時両親がトゥーラ県のダロヴォエに小さな農園を買い、母と子供たちは夏をここで過すことになった。 ドストエフスキー/工藤精一郎訳『罪と罰』より引用
  • 男は陰陽師に書いてもらった呪文の札を戸毎に貼って家に籠り、四十二日間を過すことになる。 池田弥三郎『話のたね』より引用
  • ニュウトンもシェフィイルドまで一緒に来て、ポオルの家族とその一日を過すことになっていた。 ロレンス/吉田健一訳『息子と恋人 下巻』より引用
  • そしてそれは、休みが始る月曜日一日を、ミリアムと二人切りで過すことになっていたからでもあった。 ロレンス/吉田健一訳『息子と恋人 下巻』より引用
  • リヤが長女ゴネリルとの約束で過すことになっていた第一月が終らないうちに、早くも老王は約束とその実行のあいだにひらきがあることを発見したのでした。 ラム/松本恵子訳『シェイクスピア物語』より引用
  • 偶然のなせるわざで折々席を同じくして何時間かを過すことになった例の会合以外の場所で、このわたしと逢うなど、その時まではけっして彼女のほうから努めて求めたりしたことはない。 ベルグ/行方未知訳『イマージュ』より引用
  • 勝負はさんざんの裏目に出て、母親はそうそうに引き上げたが、兄弟二人は一夏をスタヴロで過すことになる。 アポリネール/須賀慣訳『一万一千本の鞭』より引用