遍く照らし

4 の用例 (0.00 秒)
  • 宇宙全体をあまねく照らし出す光明、それがすなわち広大無辺に限りなくひろがっていく華厳経の世界なんだ。 長部日出『鬼が来た 棟方志功伝(上)』より引用
  • 華厳の全世界を遍く照らし出して、人人を目覚めさせる光明の毘盧舎那仏はだれか。 長部日出『鬼が来た 棟方志功伝(上)』より引用
  • たとえば『華厳譜』において全世界をあまねく照らし出し人人を目覚めさせる光明の毘盧舎那仏は、おそらく柳宗悦であったのだろうし、ほかの作品にも、河井寛次郎や濱田庄司や水谷良一といった人人が仏や菩薩に姿をかえて登場していると見て、それほど的外れではあるまいとおもわれる。 長部日出『鬼が来た 棟方志功伝(上)』より引用
  • 下鴨の一族を束ねるにとどまらず、その威光は洛中の狸界を遍く照らし、烏丸のビル街上空を跳ね廻る天狗たちをも感服せしめた。 森見登美彦『有頂天家族』より引用