運賃を支払う必要

7 の用例 (0.00 秒)
  • 長距離国際列車は座席指定が可能で、タリスおよびICEは基本的に座席指定込みの特別運賃を支払う必要がある。
  • 直通運転している阪急、北急、近鉄の路線に跨る場合は別途その区間の運賃を支払う必要がある。
  • また、自動券売機が設けられていないため、乗車時には備え付けの乗車駅証明書発行機で乗車駅証明書を取り、降車時に車内の運賃箱で運賃を支払う必要がある。
  • また、自動車を載せる際の運賃には大人1人分の2等船室運賃があらかじめ含まれているので、2等船室に乗船する際には改めて運転士の運賃を支払う必要はない。
  • 「eきっぷ」「e割きっぷ」共に乗車券と一体化での発売であったため、特急下車後に乗換をする場合には特急下車駅からの初乗り運賃を支払う必要があり場合によっては普通のきっぷを購入した方が安くなる場合も多かった。
  • 原則として乗換えごとに運賃を支払う必要があるが、1日乗車券が8レイ・7日乗車券が17レイ、15日乗車券が25レイで発行されている。
  • ただし、田川後藤寺 - 田川伊田間のJR日田彦山線については、別途運賃を支払う必要がある。