運行される特急

17 の例文 (0.00 秒)
  • ただし、平日のラッシュ時を中心に運行される特急以外の優等列車はいずれも停車するほか、日中も桂駅で特急との緩急接続が行われている。 ...
  • ただし、優先運行される特急や快速列車が通過する駅では逆に不便なダイヤとなったり、西半分の駅 - 東半分の駅間の天王寺駅経由での移動も不便になった。 ...
  • 朝晩には博多 - 直方間に2往復運行される特急「かいおう」が停車する。
  • 普通列車のみの停車駅であり、身延線で運行される特急「ふじかわ」は通過する。 ...
  • 佐伯市の代表駅で全列車が停車し、当駅始終着で博多駅まで運行される特急「ソニック」が1往復設定されている。 ...
  • 豊橋と飯田の間で運行される特急「伊那路」は停車しないが、盆・年末年始に限り臨時停車することがある。 ...
  • なお、最新型車両の登場により型落ち余剰となった車両によって運行される特急も運行されており、この種の特急・急行として2020年現在は350系で運行される定期特急「きりふり」がある。 ...
  • 停車する列車は、高山駅方面と猪谷駅を結ぶ普通列車のみで、高山本線で運行される特急「ひだ」は通過している。 ...
  • いわき駅 - 仙台駅間で運行される特急の名称については、2011年2月にJR東日本水戸支社で募集を行い、同年4月上旬以降に発表される予定であった。 ...
  • 本項では同じく宗谷本線・石北本線を経由し、旭川駅 - 網走駅間で運行される特急「大雪」のほか、石北本線で運行されていた優等列車の沿革についても記述する。 ...
  • 「ゆふいんの森」の博多 - 大分間は同区間で運行される特急「ソニック」よりも大幅に停車駅を絞っていたが、急遽ダイヤが組まれた臨時列車であることや車両性能の関係で「ソニック」に比べて所要時間は長くかかっていた。 ...
  • 当駅は、当駅以北で運行される特急「ソニック」と、当駅以南で運行される特急「にちりん」の接続駅となっており、普通列車も当駅で折り返すものが多い。 ...
  • 本項では、博多 - 由布院・別府間で運行される特急「ゆふいんの森」、ならびに久大本線で運行されていた優等列車の沿革についても記述する。 ...
  • 一方、飯田線で運行される特急「伊那路」は通過。 ...
  • 翌年には「うずしお」の牟岐線乗り入れが終了し、牟岐線の優等列車は「剣山」と、牟岐線内のみで運行される特急「むろと」の2系統が運行されるようになった。
  • それでも引き続きハイキング特急「陣馬」や大晦日から元旦に運行される特急「迎光」、競輪特急、競馬特急、急行などの季節列車・臨時列車には1980年代中頃まで5000系冷房車が使用されることがあった。