運動失調

105 の用例 (0.01 秒)
  • めまい、麻痺が認めなければ運動失調によるものと考えることができる。
  • 運動失調は筋力低下の影響を割引いても存在する場合にありとする。
  • 重篤な感覚性運動失調がある患者では感覚神経節障害や感覚性神経細胞障害が考えられる。
  • 初期症状としては頭部や脚部の震え、運動失調、があげられる。
  • アフレックは毛細血管拡張性運動失調症を持つ9歳の少年と面会した。
  • 運動失調を引き起こす神経中枢系障害の部位別にこれを分類すると以下のようになる。
  • ロンベルグ試験で陽性となるのは、次のような感覚性運動失調の原因が存在する場合である。
  • 手術の合併症として一般的であるのは、眼震を併発した一時的な運動失調症の悪化である。
  • 高用量では幻覚や運動失調を伴う一時的症状が見られる。
  • 脊髄小脳変性症は、運動失調を主な症状とする神経疾患の総称である。
  • 影響を受けた動物は運動失調や痙性を呈するようになる。
  • 摂取すると中枢神経に影響し、運動失調や軽度の興奮・錯乱などの症状が生じる。
  • これは感覚性運動失調と呼ばれる。
  • 運動失調とは区別が必要である。
  • 運動失調、自律神経失調症、統合失調症など語尾に用いられることが多い。
  • 小脳性運動失調のある患者は一般に、開眼した状態でも平衡を保つことは不可能である。
  • ついで小脳が障害されやすく小脳性運動失調が次第に増悪する。
  • 運動失調では、急激に歩行が不安定になりどこかにつかまりながら歩くようになる。
  • 大脳性運動失調症は大脳皮質、特に前頭葉性の障害によって起こる。
  • 小脳型は毛細血管拡張運動失調症や眼球運動と低アルブミン血症を伴う早発型失調症が含まれる。
  • 次へ »