運動に共鳴

29 の用例 (0.00 秒)
  • トルストイは、この運動に共鳴し、彼等をカナダに移住させる運動を起した。 小林秀雄『考えるヒント 3』より引用
  • またこの動きが単に教育者と学校改革の分野だけでのものでなかった証に作家や芸術家にもこうした運動に共鳴し自らも学校を試みる者が少なくなかった。
  • 志を共有する仲間たちと群馬県下でグループを作り、世界的な世界連邦運動に共鳴して動きはじめた。 富田倫生『パソコン創世記』より引用
  • 当時高揚していた藩閥打倒運動に共鳴したためとみられる。
  • 大正七年武者小路実篤むしやのこうじさねあつの「新しき村」運動に共鳴して参加、三年間在村した。 大岡信『名句歌ごよみ[冬・新年]』より引用
  • 直接福澤と会い、福澤も長沼村の利権回復運動に共鳴したという。
  • この運動に共鳴した柳宗元は、韓愈とともに「韓柳」と並称される。
  • 当時のインテリの若者の常として、共産主義運動に共鳴していたが、この病弱さゆえ、自分が革命運動に貢献できるかどうか悩んでいた。
  • 麻酔医として出発するが、1970年代から環境保護運動に共鳴し、反原発運動や森林保護などの運動に参加した。
  • 平民新聞の讀者にはクリスチャンが多く、平和運動に共鳴して、非常に熱心に應援してくれました。 石川三四郎『浪』より引用
  • 当時イギリス各地で発生した保存鉄道の運動に共鳴したオードリーは、第10巻には、実在の保存鉄道であるタリスリン鉄道をモデルにした狭軌のスカーローイ鉄道も舞台に加えた。
  • 宮崎が進めていたシャムへの移民運動に共鳴し、宮崎らとともにサラデーンでの開拓事業に従事したが、病を得て翌年帰国した。
  • DPN運動に共鳴した学生たちは、大学の正門を閉じてバリケードで囲み、以下の4つの要求を出した。
  • オランダには早くからシュタイナーの社会運動に共鳴した人々がいて、ヴァルドルフ教育や障害者のための共同体施設、有機農法などが普及し、第二次大戦後、人智学はオランダにおいて名誉ある地位を獲得した。 小杉英了『シュタイナー入門』より引用
  • このように身を挺して風土に根ざした文化の貴重さを主張する柳宗悦の言動が、棟方志功や民芸運動に共鳴している人人に与えた影響と触発力の大きさは、測り知れぬほどのものであったようにおもわれる。 長部日出『鬼が来た 棟方志功伝(上)』より引用
  • しかし、当時盛んになっていた自由民権運動に共鳴して板垣退助の自由党へ入党し、議会開設の急務を提唱した。
  • アンリ・ベールはこの運動に共鳴し、これまでの伝統的な、古典主義文学観をすて、国々によって、また時代によって、文学や芸術の考え方が異なることを自覚し、美の相対性を提唱することになる。 スタンダール『赤と黒』より引用
  • ハバシュはベイルート・アメリカン大学で医学生となり、1950年代からパレスチナ解放運動に共鳴するようになる。
  • また社会主義プロレタリア芸術運動に共鳴したが、大杉栄との共著に『漫文漫画』がある。
  • 商用で上京するうち自由民権運動に共鳴し、自由党に入る。
  • 次へ »