運ぶ

全て 動詞
8,597 の用例 (0.01 秒)
  • お菊の身体は若侍の一人に軽がると抱かれて台所の隅の空室あきべやに運ばれた。 田中貢太郎『皿屋敷』より引用
  • 父はその新聞をどうやってかベッドのなかにまでもち運んでいたのだった。 原田義人『判決』より引用
  • それをただ体ばかり運んでいっても仕方がないと思っていたのである。 宮本百合子『日は輝けり』より引用
  • 家は海のそばにあったので、塩を運ぶ船が何そうも通るのが見えました。 日本民話の会編訳『世界昔ばなし(上) ヨーロッパ』より引用
  • 学問論はこの方向に於ては運ばれ得ないかのように見えるに違いない。 戸坂潤『科学方法論』より引用
  • すぐ病院に運ばれたが、脳底骨折で約一時間後には死亡した事件である。 松本清張『日本の黒い霧(上)』より引用
  • ここへ運ばせるようにしたから、クリスの話や超能力の話などをしよう。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ07 美しき魔王』より引用
  • そしてたがいの声を聞いて満足し、同じ馬車で運ばれてるのに満足した。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 壁や天井がくずれた形跡けいせきはないので、どこかから運ばれてきたものだろう。 山本弘『サーラの冒険 1 ヒーローになりたい !』より引用
  • 雷と雨とに打たれて首垂れながら、ただ機械的に足を運んでいるらしい。 豊島与志雄『真夏の幻影』より引用
  • 本当にトラックに三日ものっていて、それをどこへ運ばせたのでしょう。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • いつもいる少女は、いつものように僕が黙っていても珈琲コーヒーを運んでくる。 原民喜『鎮魂歌』より引用
  • その名のとおり、切ったものをのせて客の皿まで運ぶ役のナイフだった。 石井美樹子『中世の食卓から』より引用
  • 松原大佐夫人が無言で、小さい身体を一行のあとに運んでいるのを見た。 海野十三『海野十三敗戦日記』より引用
  • 進行期には手にとるものすべてを口に運ぼうとする口唇傾向も出現する。
  • 彼女の荷物、そしてわずかにあるぼくの荷物を、ぼくたちは外へ運んだ。 片岡義男『頬よせてホノルル』より引用
  • 一階から二階へ人を運ぶためにエスカレーターを運転している時がある。 寺田寅彦『丸善と三越』より引用
  • それは町の方から定刻になると運ばれてくる貧しいものばかりであった。 室生犀星『或る少女の死まで』より引用
  • もっとも事のそこへ運んだまでに、いささか気になる道行みちゆきの途中がある。 泉鏡花『妖術』より引用
  • それ等の理由で、思わず私は二度目の足を此の町に運んだのであった。 岡本かの子『褐色の求道』より引用
  • 次へ »