遊山

全て 名詞
319 の例文 (0.00 秒)
  • もの見遊山というのは芝居見物のことだと私は子供の時から思っていた。 ...
  • かといって、船の団体で遊山保養をしての帰りがけの一行らしくもない。 ...
  • わたし遊山ゆさんに行つたをり聞かしたあの美しい声をお前はどうしたのだ。 ...
  • 遊山に出かけた先でばったり出会った、などと説明するよりはずっといい。 ...
  • 山と戦をしているつもりではなかったけれど、遊山ゆさんでないことだけは確かだった。 ...
  • その場所はほとんどロンドン近くの遊山場ゆさんばによくていた。 ...
  • 大人の遊山の様がいかにも京都らしい印象を彼等に与えた。 ...
  • 岸壁も艀も荷役のためにあるのであって、遊山ゆさんの船は邪魔でしかない。 ...
  • 遊山と云ふ氣分を殆んど始めて充分に味ふ事が出來たのを悦んだ。 ...
  • 大正5年には母親のために滋賀県で初めて自動車を購入し、遊山する。 ...
  • 以上が、朝の五時に初まった遊山の午後四時半ごろの有り様であった。 ...
  • 私がここへ遊山に来ているなどと思し召さないで下さいまし。 ...
  • そのほかには物観ものみ遊山というようなこともない。 ...
  • 日本の内ぢや遊山ゆさんあるいたところで知れたもの。 ...
  • スキー客を除けば、この厳寒期を選んで遊山旅行をしようとする人は少ない。 ...
  • 塩原温泉組合は、遊山人のために何一つ発見すべきものを残して置かない。 ...
  • その外には物観遊山ものみゆさんというような事もない。 ...
  • 次へ