遊侠太平記

4 の用例 (0.00 秒)
  • この時点で『遊侠太平記』は未完成であり、完成後の同年8月5日、日活京都撮影所作品として公開された。
  • 同社は短命に終わり、1937年4月には解散するが、最後に撮影技師を務めた『遊侠太平記』は日活に売却され、日活京都撮影所の製作物として公開された。
  • マキノトーキーが、最後に製作した牧陶六監督の『遊侠太平記』にも出演、同作は同年8月5日に、解散後にマキノが入社した日活が「日活京都撮影所作品」として公開している。
  • 製作中のマキノ正博監督作『遊侠太平記』はマキノ個人資金で製作、中川信夫監督作『旗本五人男 大江戸の鳶』は松山企画部長が東京で配給権を売却し、これを退職金とした。