遊びに出かける

48 の用例 (0.00 秒)
  • お君さんは今日きょうまでに、未嘗いまだかつて男と二人で遊びに出かけた覚えなどはない。 芥川竜之介『葱』より引用
  • 全く初対面の男とこんなふうに遊びに出かけてもいいものだろうか。 林真理子『ピンクのチョコレート』より引用
  • わたしがこの世の思い出にと外国へ遊びに出かけたのも、そのためだ。 星新一『地球から来た男』より引用
  • 毎日のように遊びに出かけて船の出来上るのを眺めていたという。 平岩弓枝『御宿かわせみ 29 初春弁才船』より引用
  • 二人は、いや、二匹はお家をとび出して、町の方へ遊びに出かけました。 村山籌子『お猫さん』より引用
  • テツオも最近疲れやすくなって、めったに遊びに出かけないそうである。 林真理子『美女入門』より引用
  • などと、わけのわからぬことをいい、一人で遊びに出かけることもあった。 池波正太郎『剣客商売 17 番外編 黒白 上』より引用
  • そこで彼は妻、女を連れてあたふた武蔵野から北海道へと遊びに出かけた。 徳冨蘆花『みみずのたはこと』より引用
  • そのため、日に一度は、新しく所属になった吉本の事務所へ遊びに出かけた。 難波利三『小説吉本興業』より引用
  • お君さんは今日までに、いまだかつて男と二人で遊びに出かけた覚えなどはない。 芥川龍之介『舞踏会・蜜柑』より引用
  • 善公に表から声をかけさせ、親父が騙されたのを確認してから遊びに出かけた。
  • その昔、ダーズリー家が遊びに出かけ、ハリーが一人で残されたことがあった。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 07 ハリー・ポッターと死の秘宝 (暫定訳)』より引用
  • ぼくから見たら、妹は、いつものように遊びに出かけただけだ。 川島誠『800』より引用
  • 息絶えた祖母を残し、公園へ遊びに出かけてしまったのでした。 野村美月『文学少女シリーズ01 “文学少女”と死にたがりの道化』より引用
  • 夫に連れられて夜の六本木へ遊びに出かけていくのではなく、夫と連れだって行くのである。 森瑤子『さよならに乾杯』より引用
  • 小型の国産車だが日々車のご機嫌を伺い、それに乗って仕事や遊びに出かけてゆく。 山本文緒『日々是作文(ひびこれさくぶん)』より引用
  • それまで、女の子同士で遊びに出かけていたのに、彼と一緒に行動することの方が多くなった。 田中康夫『昔みたい』より引用
  • 部屋をとびだして、どこかへ遊びに出かけてしまうべきだった。 平井和正『狼の紋章』より引用
  • 彼は紅葉の名所へ友人と遊びに出かけて、そこの川で泳いだりした。 梶井基次郎『梶井基次郎全一巻』より引用
  • そこそこ遊びに出かけたりもしていたと思うのだけど。 秋田禎信『エンジェル・ハウリング 第04巻』より引用
  • 次へ »