遊び

全て 名詞 動詞
22,611 の用例 (0.01 秒)
  • 姉娘には婿養子があり、その人は遊び半分に私の中学の先生をしていた。 倉田百三『光り合ういのち』より引用
  • お君さんは今日きょうまでに、未嘗いまだかつて男と二人で遊びに出かけた覚えなどはない。 芥川竜之介『葱』より引用
  • まちからは、こんどは、人間にんげん子供こどもたちが毎日川まいにちかわあそびにやってきました。 小川未明『赤い魚と子供』より引用
  • この時先に門の口にて遊び居たりし二人の娘、我等が前に走り來りぬ。 森鴎外『即興詩人』より引用
  • 土壁の傍で土遊びをしていた二三の子供達が手を叩きながらはやしたてた。 金史良『天馬』より引用
  • こんな遊びに夢中になっている中に、やがて二日目の夜が訪れてきた。 小野佐世男『幽霊』より引用
  • 場所は今まで三度位使ったことのある須山の昔の遊び友達の家だった。 小林多喜二『党生活者』より引用
  • 私は名も知らないこの小さな遊び仲間を眼の前に迎えて心より悦んだ。 薄田泣菫『艸木虫魚』より引用
  • それらの子供こどものありは、だんだんあたりをあそびまわるようになりました。 小川未明『三匹のあり』より引用
  • あんたが遊びにこない日は、あの人の顔が思案にくれた金魚になるがね。 坂口安吾『吹雪物語』より引用
  • その画家の所へ毎晩のやうに遊びに来る村の駐在所の巡査がありました。 岸田国士『文化運動への反省』より引用
  • 私を人形のやうにくるみ上げて、子供と遊ぶやうに私とお遊びなすつた。 島村抱月『『人形の家』解説』より引用
  • 私はよくその家へ遊びに行つて、いろんな羨望を感じたのを覚えてゐる。 神西清『母たち』より引用
  • 私に対して、ただ遊び相手みたいな気持しか持ってくれないんだもの。 菊池寛『貞操問答』より引用
  • そこいらには村の子供達が集まつて來て、私達の周圍で遊び戲れてゐた。 島崎藤村『山陰土産』より引用
  • とおくへあそびにいっても、かえりに、あのあたまえると安心あんしんしたものだ。 小川未明『曠野』より引用
  • あつめたすなつち二列ふたれつりまして、そのなかみづながしてはあそびました。 島崎藤村『ふるさと』より引用
  • どんぐりはそんな風にいろいろの遊び道具をわれわれに与えてくれた。 岡本綺堂『綺堂むかし語り』より引用
  • 四年生になつてから、私の部屋へは毎日のやうにふたりの生徒が遊びに來た。 太宰治『思ひ出』より引用
  • 僕はいつか遊び時間に僕等のうちにあるものを自慢じまんし合つたことを覚えてゐる。 芥川竜之介『本所両国』より引用
  • 次へ »