遅くとも天正

4 の用例 (0.00 秒)
  • 忠勝は当初は万喜城に入城したが、遅くとも天正19年までに居城を大多喜城に移した。
  • 日本史学者藤田達生によれば、本能寺の変後、遅くとも天正10年6月8日までに秀吉の使者と藤孝とが接触していたとしている。
  • 両者の提携に際し、遅くとも天正9年2月までに秀吉の甥・孫七郎が康長の養子となっていたと藤田は推定するが、岐阜市信長資料集編集委員で信長関連の著書が多い谷口克広は、本能寺の変以前に秀次は三好氏の養子になっておらず、従って両者の提携関係も存在しなかったと反論する。
  • 遅くとも天正13年5月段階では関白・二条昭実、左大臣・近衛信輔、右大臣・菊亭晴季、内大臣・羽柴秀吉が在任していたとされている。