遅くとも中世

7 の用例 (0.00 秒)
  • 遅くとも中世以降には、この川はこの地域の重要な経済の生命線となっていた。
  • 道南では遅くとも中世には和人によって神社が創建されていたと考えられている。
  • ポンチキは遅くとも中世にはすでに知られていた。
  • トルコの東部地域の内に自然発生したこの猫種は、東アナトリア地方の隔絶された山岳地帯で揺籃の時を刻み続けてきた古代種で、遅くとも中世にあたる頃には既にその存在が確認されていた。
  • 起源は定かではないが遅くとも中世末の15世紀には成立し、17世紀から19世紀初頭にかけて広く流布した。
  • 考古遺物により、ポメラニア人たちは遅くとも中世初期には西はドイツ、東はポーランドにまたがるバルト海沿岸の広い一帯に定住していたことが知られている。
  • 中世熊野詣の参詣記にその名が見られることから、遅くとも中世までには確立されていたものと考えられており、藤原宗忠の参詣記には「一野」、修明門院の参詣記には「一乃野」の名で登場する。