遅くともこの時期

7 の用例 (0.00 秒)
  • 遅くともこの時期までには、火星人の存在が考慮されていたことがわかる。
  • このことは、遅くともこの時期までには市民によって構成された市参事会が存在し、自治にとっての実用的な手段となっていたことを示している。
  • 寒川天神社は慶長2年創建と伝えられ、遅くともこの時期までに集落が形成されていたことが伺える。
  • 遅くともこの時期には、すでに「パンチラ」という概念がある程度定着していたと考えることができる。
  • 天正11年の島津家の家老である上井覚兼の日記には「武将たちが酒盛りの余興として「四半」を行った」という記録があり、遅くともこの時期には飫肥近辺で広く行われていたことが分かる。
  • 「解洗」のうち、「張物」の工程を専門に行う職人「張殿」が、15世紀末の1494年に編纂された『三十二番職人歌合』に紹介されており、遅くともこの時期には「張物」の専門職が存在していたといえる。
  • そして、平安時代に成立した史書である『日本三代実録』『大鏡』『東大寺要録』『水鏡』等はいずれも「聖徳太子」と記載し、「厩戸」「豐聰耳」などの表記は見えないため、遅くともこの時期には「聖徳太子」の名が一般的な呼称となっていたことが伺える。