遅くともこの

17 の用例 (0.00 秒)
  • 遅くともこの時期までには、火星人の存在が考慮されていたことがわかる。
  • このことは、遅くともこの時期までには市民によって構成された市参事会が存在し、自治にとっての実用的な手段となっていたことを示している。
  • 和泉屋については、1730年に出版された別文献にも、店頭風景が掲載されており、遅くともこの年までに成立している。
  • 寒川天神社は慶長2年創建と伝えられ、遅くともこの時期までに集落が形成されていたことが伺える。
  • 遅くともこの時期には、すでに「パンチラ」という概念がある程度定着していたと考えることができる。
  • 弥生時代の遺跡には下水道のような構造が見られることから、遅くともこの時代には排泄専門の施設として「便所」が成立したとされる。
  • その後のことは史料に載せられていないが、北周が西魏に代わった後、その地に鄧州が立てられているので、遅くともこの時には鄧至は滅亡していたものと考えられる。
  • 活動を始めた正確な時期は不明だが、2009年の元日に増木らが行った河野談話の撤回を求める署名運動に同行しており、遅くともこの頃までには活動を始めていたものと推測される。
  • なお、法華寺造営のための役所であった造法華寺司は延暦元年に廃止されており、遅くともこの頃までには伽藍整備が完成していたと見られる。
  • 大宝元年8月3日-同2年10月14日までに、大宝律令が制定され、全国的な施行に至ることから、遅くともこの頃までには、令制国としての越中国が成立していた。
  • 江戸時代後期の文政・天保の頃に活躍した戯作者柳亭種彦が、姫島七不思議を読んだ短歌5首が残っていることから、姫島七不思議は遅くともこの頃には成立していたものと考えられる。
  • 當麻寺本堂に現存する、曼荼羅を掛けるための厨子は奈良時代末期から平安時代初期の制作で、当麻曼荼羅の原本は遅くともこの時代には當麻寺に安置されていたとみられる。
  • また遅くともこの頃には、三河一向一揆の折に出奔し、後に家康の参謀として秀吉死後の天下取りや豊臣氏滅亡などに暗躍した本多正信が、徳川家に正式に帰参している。
  • 史実としては、正確な成立過程は不明であるが、『続日本紀』に天平勝宝8年、聖武天皇の周忌に際し、阿波国を含む26か国の国分寺に仏具等を下賜したとの記載があり、遅くともこの頃には完成していたことがわかる。
  • 天正11年の島津家の家老である上井覚兼の日記には「武将たちが酒盛りの余興として「四半」を行った」という記録があり、遅くともこの時期には飫肥近辺で広く行われていたことが分かる。
  • 「解洗」のうち、「張物」の工程を専門に行う職人「張殿」が、15世紀末の1494年に編纂された『三十二番職人歌合』に紹介されており、遅くともこの時期には「張物」の専門職が存在していたといえる。
  • そして、平安時代に成立した史書である『日本三代実録』『大鏡』『東大寺要録』『水鏡』等はいずれも「聖徳太子」と記載し、「厩戸」「豐聰耳」などの表記は見えないため、遅くともこの時期には「聖徳太子」の名が一般的な呼称となっていたことが伺える。